2011年05月19日

今日は死ぬのにもってこいの日

今日は死ぬのにもってこいの日だ。
生きているものすべてが、私と呼吸を合わせている。
すべての声が、わたしの中で合唱している。
すべての美が、わたしの目の中で休もうとしてやって来た。
あらゆる悪い考えは、わたしから立ち去っていった。
今日は死ぬのにもってこいの日だ。
わたしの土地は、わたしを静かに取り巻いている。
わたしの畑は、もう耕されることはない。
わたしの家は、笑い声に満ちている。
子どもたちは、うちに帰ってきた。
そう、今日は死ぬのにもってこいの日だ。


人間てなかなか死ねないものだ。

死ぬ踏ん切りがつかないっていうか。

昨日の深夜から今朝方にかけて、

三重ぐらいに重ねたビニールひもを、

2段ベッドの手すりにかけて、

首に巻いては悶々とし、

布団を被ってはごろごろと寝返りをうつ。

こういう時って泣けないもんだなぁと

思った。

この感覚は失恋に似ている。

空虚で何も無くなってしまった感じ。

全てが同化するような感覚では決してない。

この空虚な空間に自分だけ一人取り残された感じ。

決して、
生きているものすべてが、私と呼吸を合わせている。
すべての声が、わたしの中で合唱している。

等では無かった。

世界にある全てが、私以外のものになった感覚。

そういう意味で、昨日は死ぬのには相応しくない日だった、

と言うことなんだ。

だから生き恥を晒して、のうのうと仕事をする。

周りの白い目が刺さっても、

何となく平気になってきた。

なんか生きていけそうな気になって来た。

世界は私以外のもので作られているのなら、

世界は私を選ばない。私が世界を拒絶しているように。

世界は私に期待しない。私が世界を裏切るように。

世界が私を許してくれるのなら、私も世界に答えようと思う。


その時ならきっと死ねる


多分その日は永遠に来ない



タグ:日記
posted by しょうちゃ at 18:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

J1第10節 名古屋×清水試合結果

JリーグDivision1第10節


名古屋−清 水


  1  −  1


前半08分 玉田 圭司(名古屋)
前半18分 アレックス(清水)


好きな言葉を入れてください


楢崎ェ…


やっと試合を見た。

自分のゴールに一番近い選手があんなミスすれば勝てるわけが無い。

負けなかっただけでもよしとしよう。

でも内容は思ったよりも悪くなかったな…。

徐々に良くなってきているけど、さて。
posted by しょうちゃ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

ちょいエロで王道「おまもりひまり」

ちょいエロって原作者の「的良みらん」さんってもともとえっち漫画家じゃね?原作は未読。
snapshot20110506170851.jpg
snapshot20110506170911.jpg
ストーリーとして特別語るべきものは無いのですが、とにかくアニメはひまりちゃんが可愛いし、凛子ちゃんも可愛いし、静水久ちゃんはつるぺたエロいし、くえすは子供の頃の淡い思い出可愛いし。女の子キャラをニヤニヤしながら見ることが、この作品の正しい観方なのだ。(暴論だぁ!)

前にも語ったかもしれないけど、ハーレム系の作品って取り巻きの女の子より中心の男の子キャラが重要だったりすると思っているんだけど、そういう話で行くと、ちょっと主人公の優人君は、物足りなかったりする。

でも、周りの女の子キャラが非常に生きているので、優人君は優人君で良いのかも知れないね。アニメでは最終回結構頑張っているし。そうそう、アニメの最後のアレ。あまりにも、あまりにも、私のツボをクリティカルヒットでしたよ。えぇ、私はこれで優人君を許しましたとも、これならひまりを任せられる。
snapshot20110506170955.jpg
snapshot20110506171010.jpg
だから凛子ちゃんは俺の嫁(ぉ

「難しいこと考えずに観られる」
「観た後、重くならない」

是非是非、お試しあれ!
posted by しょうちゃ at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素でとらドラと間違えた「となグラ!」

いや、実際マジでネットでのDVDレンタル間違えたのです。原作未読。
snapshot20110506165719.jpg
snapshot20110506170031.jpg
でもまぁ、「とらドラ!」と同じような(ぉ、どこにでもあるようなちょっと古臭いラブコメっていう意味では似たようなものなのかもしれないです。ヒロインツンデレだしw

でも香月は良いツンデレだよね。幼馴染最高!ツンデレ最高!

作品も最終話まで良くまとまっているし。1クール13話6時間半かけてやる話でも無い気もしないでもないけどwでも香月と勇治の、こうヤキモキとうにゃうにゃするラブコメ特有の感じが良いですな!

キャラは初音さんとちはやちゃんが好きです。
snapshot20110506170423.jpg
snapshot20110506170535.jpg
初音さんの声は大原さやかさんです。私の中では大原さやかさんといえばお姉さんキャラって感じです。とらドラでは泰子ちゃん(竜児のお母さん)でしたね。でもうみねこではベアトリーチェやってるんですよね…。
snapshot20110506165758.jpg
snapshot20110506170114.jpg
ちはやちゃんは、もっと引っかき回しても良かったと思うけど、なんか中途半端になってしまったよねぇ。声優さんは知らない人ですが…。

この作品も何も考えずに観られる良い作品です。ただ6時間半かける価値があるかは…。
内緒ですw
posted by しょうちゃ at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寸止めアニメで逆にムラムラ「Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち-」

snapshot20110506164735.jpg
くぎゅうと能登さんが出てます。
声だけ聞いて癒される…。ってこの作品でそんなことできんわっ!

エログロで一時期話題になってた記憶があり、でもその時は(今でもですが)AT-Xが視聴できずに、どんなにエロくてグロいのか…、観たいのに観れないってモンモンとしていた記憶があります。まぁ、観た後の感想で言えば、無理して観なくても…ってケホンケホン…。
snapshot20110506164931.jpg
snapshot20110506165015.jpg
snapshot20110506165053.jpg
ま、エログロは置いておいて作品としてすごく良くまとまっていて、短めですし、良い作品だと思いまして、紹介したいと思います。グロが苦手な人や、エロはちょっと…っていう人はもちろんオススメ出来ませんし、逆にエログロ目的で観る人は、観ない方が良いかもです。期待外れと言ってしまうと、アレですが、抜き目的であれば普通の18禁アニメ観てた方が良いですよ。

ま、能登さんやくぎゅうのあえぎ声や叫び声が聞きたいだけなら…って、品が無いなw

テーマも永遠の命やら人間の存在意義のように、少し手垢がついた、でも恒久的なテーマを扱っていて、そんな重いテーマを良く消化出来ている作品だと思います。大体1話45分で6話、全部で4時間半程度で観られるので、良いかと。

でもでも、私の好みのアニメ2カ条
「難しいこと考えずに観られる」
「観た後、重くならない」
には、当てはまらないかなぁ…。(^^;観た後思ったより重い気持ちにはならないですがね。(あ、3話の後は少しへこんだかも…)
posted by しょうちゃ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サカオタで嫌いな人はいない「GIANT KILLING」

なんか私が紹介すると意外性も何も無いので辞めようかと思ったぐらいですが、サカオタとして、どうしても避けては通れないアニメです。
snapshot20110504090534.jpg
snapshot20110504090739.jpg
「お前の中のジャイアントキリングを起こせ!」

サカオタにとってこれは至言です。これだけでごはん3杯はいけます。
サッカーが好きな人間は、例えばドリブルをしていて、マルセイユ・ルーレットが出来ても、目の前の人間を簡単にかわせないことは知っています。パスの出しどころが無く立ち往生している状況でも、にやって笑ってスルーパスが通ると言うことがめったに無いことを良く知っているのです。

そんなサッカーのリアリティ(ちょっとご都合主義的な部分はあるんですけど…)が描かれているって言う意味では、非常に画期的な作品だと思うのです。

私は自他共に認めるサッカー戦術厨です。例えば4−1−4−1で左サイドバックが上がる時にアンカーが左に寄ってケアするんだけど、その時に空いているスペースのケアって上手く行ってないなぁとか、さっきから左サイドハーフにボールが渡ると右サイドバックが必ずハーフウェイまで上がって来るなぁとか、そういう風にサッカーを観てしまうんですよね。

サッカーの観方っていろいろで、メッシやクリスティアーノ・ロナウドのようなスーパーな選手を観て楽しむのも良いですし、日本代表や贔屓のチームをとにかく応援するという観方でも良いですし、イケメンに注目して追っかけても良いですし、もちろん私のようなあーだこーだ理屈から入ってみる観方も良いと思います。

そんなことを教えてくれるきっかけには丁度良いアニメだと思います。
posted by しょうちゃ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2期が待ち遠しい「侵略!イカ娘」

実は漫画の方はあまり好きじゃなかったんですよね。でもアニメは好き。
snapshot20110504091655.jpg
snapshot20110504091727.jpg
原作は好きだけど、アニメは嫌い…っていう作品は結構あるんだけどね。特に90年代の漫画原作のアニメってほとんどそんな感じだし。私の中で逆って珍しいなって。イカ娘以外だと「鋼の錬金術師」ぐらいしか思い出せない。

これはイカ娘の可愛さ以外、見どころは無いですな。(ぉぃ

snapshot20110504091741.jpg
早苗ちゃんも変態可愛い。伊藤かな恵さんですね。なんか一昨年ぐらいからアニメ界が押している感じがします。声優さんにしては声に特徴はあるけど幅が無い、小早川さんみたいなタイプですが、小早川さんに比べるとインパクトが無いです。でも好きですよ。佐天さんも好きです。歌もうまいですよね。

伊藤かな恵さんって人気あるんですよね。今のニーズって新井里美さんや小林ゆうさんや悠木碧さんのように、声の演技や幅に特徴がある方ではなく、小早川さんや伊藤かな恵さんやくぎゅうさんのように、声そのものに特徴がある人なのでしょうか?

私は両方のタイプの声優さんが好きです。尊敬します。声の仕事って。

おっと、声優さんの話では無くてw
第二期は既定路線のようなので、非常に楽しみです。アニメ自体も何も考えずにただただイカちゃんを愛でるだけでも、観る価値のある作品です。
posted by しょうちゃ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桐乃は実は兄好き説に賛成「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」

桐乃は可愛いと思うんですよ。原作は未読。
snapshot20110506163912.jpg
snapshot20110506163739.jpg
snapshot20110506163622.jpg
私には妹はいません。弟はいますが。正直兄弟は仲が悪いですよ。多分これはどこの家庭でもそうだと思うんです、絶対に。でも弟が困っていたら全力で何とかしたくなるものです。それが兄弟って奴だと思うんですよ。京介もただそれだけだと思うんですよね。妹であればなおさら、だと。

桐乃の罵倒や行動なんか可愛いもんですよ。

ネットでは、なんか随分嫌われてますよね、桐乃って。私はアニメしか知らないので、なんでこんなに嫌われているのか解らないんですよね。アニメの桐乃は良い娘じゃないですか。

京介は桐乃のことをしっかり異性として意識していて、でも兄で。桐乃も京介のことを異性として意識していて、でも妹で。特に桐乃の方は、京介のことが家族としてではなく異性として好きなんじゃないかと思うんですよね。でも兄妹だし。好きになっていくことが怖くて、だから悪態を突いてしまうんじゃないかって思うんですよ。

そう思うと可愛いでしょ?

snapshot20110506164015.jpg
snapshot20110506164201.jpg
でも私は地味子こと麻奈実ちゃんが好きですけどね。だって彼女にするなら絶対麻奈実ちゃんみたいな娘ですよ。京介も黒猫となんかくっつかないで、麻奈実ちゃんとしっかり向き合いなさいって思うのですが…。

原作もまだ続いているようですし、人気もある作品なので、観て損は無いかと。
posted by しょうちゃ at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歩鳥はウザ可愛いよね?「それでも町は廻っている」

原作も好きで読んでますよ。「それ町」
snapshot20110506162556.jpg
snapshot20110506162618.jpg
キャラ的には歩鳥も好きだけど「タッツン」の方が好きです。悠木碧さんの「演技」って好きなんですよね。「声」がってのではなく、「演技」が。なんか本当に「声優さん」って感じで。若いんですよね、確か…。良く知らないけど。
snapshot20110506162359.jpg
snapshot20110506162755.jpg
歩鳥は最近気に入っている小見川さんがやってます。あの妙に甲高く裏返ったような変なテンションの声が、まさに歩鳥ですよね。最近の漫画原作付きのアニメで、これ程違和感が無かった声って久しぶりな気がします。

ウザ可愛いという言葉が一般的かどうかって言うのはあるんだけど、歩鳥はウザ可愛いですよね?「あずまんが大王」でいうともちゃん、「WORKING!」でいう山田、「苺ましまろ」でいう美羽…。ちょっと違うか?でも主役がウザ可愛いキャラってどうなんだろうね?個人的にはウザ可愛いキャラは脇の方が輝くと思いますけどね(知らんがな。

私の好きなアニメの条件は2つ、
「難しいこと考えずに観られる」
「観た後、重くならない」
なんですが、もう本当に何も考えずに、すっきりと観られる。

だから、「それ町」は安心してオススメ出来ます!

posted by しょうちゃ at 18:41| Comment(1) | TrackBack(0) | アニメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラブコメの古典的な展開が好き「とらドラ!」

最近見たんだけどね。
話的にもまとまっているし、しっかり完結してるんで、見るにはオススメです。
snapshot20110506161518.jpg
snapshot20110506161528.jpg
私たちの世代…、70年代〜80年代は、本当にこういうラブコメが多くて。あだち充や高橋留美子を筆頭に数多の作家さんが玉石混合ではあるけど、様々な作品を私たちに届けてくれていて。そんな世代を生きてきた自分にしたら、非常に古臭く懐かしい作品だった。

いやぁ。今でもこういうのイケるよなぁ。王道って奴?人気があったの、わかるわぁ。

でもこういう作品で、私は嫌いなキャラっていないんだけど、最後の方まで本当に嫌いだったキャラが一人だけいるのね。みのりんこと櫛枝実乃梨。こういう取り繕っておちゃらけて自分を誤魔化すようなキャラってのも嫌いじゃなかったんだけど、なんかアニメを見ていて思った。ここまで自分の本心と向き合わず、戦わず、人に弱いところを見せないのって、高校生ぐらいの女の子としては、可愛くないと正直思った。
snapshot20110506161753.jpg
snapshot20110506161926.jpg
大河や竜児が自分に正直な分、余計にねぇ…。

snapshot20110506161500.jpg
だけど、ばかちーこと川嶋亜美ちゃんは、大好きなんだよねぇ。
snapshot20110506162016.jpg
本来の自分や本心を隠していることは同じなんだけど、彼女はしっかり向き合っているように感じたのね。だからちらっと本音が見えるって言うか。大人達の中にいる子供な自分。子供達の中にいる大人な自分。そういう葛藤が見えるじゃん。

そういうところが可愛くて好き。みのりんも最後の方に、自分をさらけ出して、向き合ってるんで、最後には好きなキャラになっているんですけどね。

あぁ、私ってやっぱりキャラを中心にアニメを見てるんだなぁ…。
posted by しょうちゃ at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニメの方が好き「夏のあらし!」

アニメから入って、原作は読みました。
snapshot20110506161056.jpg
こういう戦争を絡めた物語って基本敬遠しているんです。だって決まって鬱展開になるんですもの。特に太平洋戦争とか。火垂るの墓はトラウマになるぐらい嫌い

いやぁ…8巻はへこむわ…。

別に鬱な展開でもないし、最後は普通にハッピーエンドっちゃあ、ハッピーエンドだし。良いんだけどね…。とにかく私はただ単に戦争を題材にした作品が嫌いなんだ。作品の良し悪しとか関係なくね。

でも、7〜8巻以外は面白いと思ったのよ。
だからアニメを見てみようと思った訳ね。

アニメの方は頭からっぽにして見ていられる。鬱な話も無いし。原作好きな人は物足りないかも知れないけどアニメの方が好きな人もいると思うんだよね。私みたいに。

snapshot20110506161331.jpg
キャラ的には、マスターが好き。
なんか2期で、後ろの方で踊っている姿が凄いかわいらしい。

snapshot20110506161345.jpg
あと潤君も。小見川千明さんの声って特徴的で好き。「それ町」の歩鳥も可愛いよね。
posted by しょうちゃ at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正統派ヒロイックファンタジーだった「伝説の勇者の伝説」

物書きの端くれだったら、こういうヒロイックファンタジーを書きたいと思うものだよね。原作は未読。

ヒロイックファンタジーの成否ってどこだと思います?
格好良い主人公?
個性的な仲間?
魅力的な敵役?

いえいえ、素敵なヒロインの存在を忘れてはいけません!

っていう訳で、
snapshot20110506155942.jpg
フェリス最高!
snapshot20110506160429.jpg
フェリス最高!!
snapshot20110506160617.jpg
フェリス最高!!!

原作読んでいないので、「あるふぁ・すてぐま」とか「るーる・ふらぐめ」とか「すべての式を解く者」とか、なんとかって、まったく全然解らなかったけど、何とか楽しめたのは、フェリスのツンデレが好き。

ライナが暴走した時も、失踪した時も、投獄されていたライナを見つけた時も、なんかすごく可愛かったよね。ライナへの思い。恋心なのかもしれないし、気の合う相棒としてなのかもしれないけど、ライナを失いたくない的な感じが。
snapshot20110506160950.jpg
個人的にはキファも好き。結局アニメの最後にライナとフェリスを逃がして終わり、ってキファって何かの伏線だと思ってたのにw。

なんかこういう本格的なファンタジーもキャラ萌えで語ってしまう私。

posted by しょうちゃ at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

意外とディープな話だった「生徒会の一存」

体調と精神を壊して家に引き籠っている時に見たアニメ。原作は未読。
snapshot20110506155312.jpg

個人的に、アニメで「戦争」「生と死」「SEX」「いじめ」などを題材にするものは嫌いなのです。何故かというと、上の話を作品に持ち出すと決まって鬱展開になるので。例外的に鬱展開でも許せる作品は「恋愛もの」で、それでも結局最後には「つらい経験をしたけど、今となっては良い思い出」的な終りでないと嫌い。

案外ストライクゾーンは狭いのよ?私は。

ま、鬱展開にならなければ何を題材にしても良いちゃあ良いんだけどね。

んで、頭をからっぽにして見たいと思って選んだのがこの「生徒会の一存」。DVDをレンタルして見ました。少し鬱気味だったので、そう感じたのかもしれないですが、鍵君も知弦さんも意外とディープな過去を持ってるよね。深夏も真冬ちゃんも、複雑そうな家庭環境だし。

だけど、それぞれの子が、それらを乗り越えて今があって。
snapshot20110506172619.jpg
snapshot20110506172354.jpg
snapshot20110506172421.jpg
snapshot20110506172434.jpg
だから、他人にも優しくなれたりして。

この作品には、そういう前向きな強さというか、本来社会生活を営む動物である人間なら持っているはずの力を感じました。

でもさぁ、私もそうだけど実際問題、いじめられたとか、いじめたとか、振ったりとか、振られたりとか、今どきの子供たちは乗り越えていけてるのかね?私が初めて告白した女の子に振られた時は、1週間くらい寝込んだし。いじめられた時は不登校になったりもした。ある子をいじめてた時には(実際にいじめグループには加わらなかったけど)、ものすごい良心の呵責に苛まれてた。大人になった今でも、結構嫌な思い出になっていて、絶対中学とか高校の同窓会には出ないと決めている私です。

それは良いとして。

人は前を向いて進むと、自然と自分を助けてくれる人に恵まれると言う寓話としての楽しさのあるアニメ。私はそう解釈したのだ。そう思ったらちょっと前向きに慣れたアニメ。

実際はそうじゃないけどな。人が前向きになろうとしても、足を引っ張る奴がいたり、見て見ぬフリをして誰も助けてくれなかったりする。それでも胸を張ってかにゃあ、ならんのよ。な、兄弟!

posted by しょうちゃ at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ACL2011第5戦 名古屋×杭州緑城試合結果

ACL2011第5戦


名古屋−杭 州


  1  −  0



後半32分 藤本 淳吾(名古屋)


荒川アンダー・ザ・ブリッジ映画化記念(情報遅っ!)

やっと試合見ました。
なんじゃあ、あの試合は・・・。

ACLというアジアの舞台で内容を求めるのは酷なのかもしれないけど、PKもらってやっと勝った感じですなぁ・・・。

でもまぁ、いくつか決定機も作っていたし、そこを決めれるようになると、もっと良くなるよ。

淳吾はもう少しアイディアのある選手だと思ったんだけどなぁ。まだチームに馴染めてないのかな?

吉田はあんなものかもしれない。プレイをみて、意外性も無かったけど落胆も無かった。逆に久場はもっとやれる気がした。吉田も久場も、もう少しリズムを変える様なプレイができないかなぁ。それぞれ特徴のあるドリブルを持ってる二人なので、期待しても良いよね?

もう少し前に人数がかからないかなぁと思う場面がちらほらと。
ダニルソンがいないことが、ここまで響くとは・・・。

これでACLグループリーグは突破。でも私達のゴールはここじゃない。

ここじゃないだろ?
posted by しょうちゃ at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

J1第08節 名古屋×川崎試合結果

JリーグDivision1第08節


名古屋−川 崎


  2  −  0


前半34分 玉田 圭司(名古屋)
後半37分 玉田 圭司(名古屋)


今季はメリーちゃん押しで行くか・・・。うむむ

川崎に勝ったのって何時振り?ちょっとびっくり。


試合を見てから記事を書こうと思ったけど、結局まだ見てないので結果だけ。


まぁ、勝って良かった。

posted by しょうちゃ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。