2005年12月01日

スプーン曲げが世界を救う!

yurigera001.jpg

ユリ・ゲラーがスプーン曲げで中東和平に寄与

なんじゃこりゃ?(?_?)
記事によると―――
ゲラーさんはイスラエル赤十字の重要な募金組織「メイゲン・デービッド・アドムの友」の会長をしているが、カルミーレイ外相によると、交渉開始に当たりゲラーさんがスプーン曲げで両者間のよそよそしい雰囲気をほぐしただけでなく、協定案の主要事項にみんなの注意を集中させ、細部の重要な詰めの段階でも節目節目で意見相違の克服に努めた。
―――なのだそうな…。


って、すげぇ〜よ!ユリ・ラー!!


超能力がインチキだ!と言っている奴は、この記事を見てどう思うのか。これはまぎれもなく「超能力」では無いのか?コミュニケーションを超えた能力ではないのか?素晴らしいではないか。

芸は身を助けるとはまさにこのことだ!(芸て…)

同じインチキ臭いものでも「ホワイトバンド」とはエライ違いではないか。よし!これからは「ホワイトバンド」を身に付けるより、曲がったスプーンを持ち歩こう!

ユリ・ゲラーのようにスプーン曲げを極めていけば、こういった世界平和に繋がっていくのだ。よし!こうなったら皆でスプーン曲げを練習して超能力者を増やしていこう!そうすれば戦争の無い平和な世界になるはずだ!

というわけで、今回のBlogAnoia的発想は…。


超能力は世界を救う!


人類の平和とは、そういうものかも知れないね。ただひたすらにスプーンが曲がることを祈る純朴な人間しかいない世の中なら、平和だろうなぁ…。

余談だけど、超能力と言うと必ず思い出す人物がもう一人いる。それは彼だ。
kiyota001.gif
超能力少年「清田益章」君だ!この記事を見ると、もう超能力者は引退したらしいですけど、超能力者って引退できるんですねぇ…。彼も念写を極めれば、ユリ・ゲラーのように世界平和に貢献できたかもしれないですね。

オマケに、当時のTV番組を知っている人には、大変懐かしいページを見つけました。↓こんなものです。

きじばとTV回想録 超能力の話


posted by しょうちゃ at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | BlogAnoia的発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10052440

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。