2011年05月06日

ACL2011第5戦 名古屋×杭州緑城試合結果

ACL2011第5戦


名古屋−杭 州


  1  −  0



後半32分 藤本 淳吾(名古屋)


荒川アンダー・ザ・ブリッジ映画化記念(情報遅っ!)

やっと試合見ました。
なんじゃあ、あの試合は・・・。

ACLというアジアの舞台で内容を求めるのは酷なのかもしれないけど、PKもらってやっと勝った感じですなぁ・・・。

でもまぁ、いくつか決定機も作っていたし、そこを決めれるようになると、もっと良くなるよ。

淳吾はもう少しアイディアのある選手だと思ったんだけどなぁ。まだチームに馴染めてないのかな?

吉田はあんなものかもしれない。プレイをみて、意外性も無かったけど落胆も無かった。逆に久場はもっとやれる気がした。吉田も久場も、もう少しリズムを変える様なプレイができないかなぁ。それぞれ特徴のあるドリブルを持ってる二人なので、期待しても良いよね?

もう少し前に人数がかからないかなぁと思う場面がちらほらと。
ダニルソンがいないことが、ここまで響くとは・・・。

これでACLグループリーグは突破。でも私達のゴールはここじゃない。

ここじゃないだろ?
posted by しょうちゃ at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋グランパスエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。