2008年02月21日

自宅のパソコンはなんとなくクリスタル?

前回オーバークロックをしたにも関わらず整数計算のスコアがダダ下がりしてしまったことに意気消沈していた私ですが、グランパスの練習試合の成績がよい事で、立ち直りの傾向にあった数日前、ふと気付く。

他のベンチマークではどうなんだろう?

世の中には様々なベンチマークテストのツールがある。有名なN−Benchのようなものもある(まぁ、これはグラフィック性能を測るものだけど)し、「HDBENCH」だけで全てを図って良いものだろうか?否良くない。

というわけで、他のベンチマークテストを試してみた。

さてどんなベンチマークがあるかなと思ったけど、ここは考えるまでも無く「CrystalMark」だろう。理由は、


有名だから。


そんな理由だけだったら「HDBENCH」だけで良いはずだが、そんな事はもう既に過去の話だ。人間前向きに生きないと。

んで、テスト。
前のPCを引っ張り出すのはもう億劫なので、浮動小数点演算のスコアの差と整数演算のスコアの差に着目するのみとする。Pentium4と浮動小数点のスコアの差はとりあえず目を瞑る事にしよう。

要はオーバークロックがオーバークロックになっていないっていうところを検証しようって言う話。では結果を。

倍率6.0でFSB333の時
BIOSの設定を初期状態にすると、CPU倍率が6.0でFSB Frequencyが333で動作するようなので上記スコアは、こんなものだろうと思う。

さて、オーバークロック後。
倍率9.5でFSB400の時
おぉ!全体的に良いぞ!

CPU倍率が9.5でFSB Frequencyが400なので3.8GHzで動作しているはずなので、これなら納得できる。他のサイトを見てみても3.8GHz前後のスコアはこんなものらしい。

結論。HDBENCHと私は相性が悪い、という事で解決。


…して良いよね?(^^;
posted by しょうちゃ at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | PC格闘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/85397392

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。