2005年11月09日

一人称を考える。

俺は敬語が苦手なのだ。特にビジネスマナーのようなものは、30歳を超えた今でも身に付いてないと自負できる。

その代表するものが「一人称」。いまでも客先で平気で「俺」と出てしまう。もちろん、常に緊張して出さないようにしているが、砕けた感じの時に、ふっと出てしまうのだ。なんでこんな話をするかってぇと、つい最近客先で出てしまい、うちの会社の上司と同席だったため、帰りの車の中でこっぴどく怒られた、という顛末がありましてですね…。

基本的に、育ちが悪いんだってば、俺は。

こういうのって知的格差がモロに出てくるよなぁ。まぁ、俺ってば根っからの職人気質なんだなぁ、と。

そうそう!皆さん知ってました?社会人の一人称は「わたくし」が常識なんですって。「わたし」でも「自分」でもいけないんだって!おいおい、俺みたいな30代のムサイ男が「わたくし」なんてキモイ言葉言えるかつ〜の!

↓一応参考に。
社会人基本マナー:基本マナー

大体、こういう小難しい社会形成をしているから、実社会に適合できない人間を作り出してしまうのだ。ビジネスの場でも最低限の敬意を払っていれば、多少の言葉遣いも許されて良いと思うのだが、如何だろうか?

そこで今回のBlogAnoia的発想は…。


敬語なんてイラネェ!


でも、これから「俺」と出ないために実生活でも「私」と言うことにしよう。だから当Blogでも一人称は「私」に変更。今後ともよろしく。

追伸。
そういえば、前に「オイラ族」なんて言う面白い見解を見せてくれた「浦和応援サイト、サポティスタ(笑)の暴走について」は更新を停止してしまってますね…。

bm001.jpg

posted by しょうちゃ at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | BlogAnoia的発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9139239

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。