2011年08月04日

松田…。

スポーツナビ | サッカー|ニュース|松田直樹さんが死去 日韓W杯、横浜Mで活躍

松田の印象は正直悪い。良い印象は無い。
なんと言うか、態度がデカいし、敬語は出来ないし、
何より敵にしてこれほど嫌らしい選手はいない。

マリノスのサポ以外は概ね私と同じ印象ではないか?と思う。
(もちろん松本山雅のサポもだと思うけど)

常にピッチで戦っている、そんな選手だった。

相手にしたとき、これほど厄介な選手はいない。いないのだ。

同じタイプの選手でいえば、鹿島時代の秋田とか磐田にいたドゥンガとか。

思い出しても腹が立つ。

足元も下手なくせに最後には体を投げ出してゴールを守る。

ファールも辞せず体をぶつける。足を削る。

駆け引きもへたくそなのに、絶対に最後の仕事をさせてくれない。

そんな選手がいなくなってしまった。

もう相手にしなくて済むんだと思うと、ほっとする。

でも、もうあんなに熱くなって松田に野次を飛ばすこともないのかと思うと…。

寂しい。

寂しいじゃないか。

松田の印象は正直悪い。良い印象は無い。
なんと言うか、態度がデカいし、敬語は出来ないし、
何より敵にしてこれほど嫌らしい選手はいない。

そして、大好きな選手の一人だった。
posted by しょうちゃ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

奇跡って言葉が陳腐に聞こえる程の奇跡

サッカージャンキーなら、絶対にその場に立ち合ったはずだ。

もちろん私も早寝して臨んだ女子W杯決勝。

正直アメリカの選手のスピードや力、体格を見ると、同じ人間なのかと思うほど。

事前のニュースでアメリカの監督が、ポゼッションして勝つとか言ってたみたいね。

でも攻撃はパスを繋いでというより、やっぱり放り込んで体格で押し込むサッカー。

しかし、結果はなでしこJAPANの優勝!

これは凄い。

バルセロナが凄い?

バルサが平均身長で10cmも上のクラブと試合したか?

本当に凄いサッカーって言うのはこういうことだ。

日本がFIFAの大会で優勝する日が来るとは…。

女子に続け!男子サッカー!

男前な後姿
posted by しょうちゃ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

サッカー四方山話「パフォーマンスだ予想のタコだそれでも世間は早慶戦」

早慶戦と言うよりも斎藤佑樹人気なんだろうね。

つ〜か、8回にああいう具合に崩れてしまうピッチャーがとても良いとは思えないんだけど…。まぁ少しプロの水に慣れれば良いピッチャーになれるかもね。

と言うより、野球でいえば昨日は日本シリーズでしょう。

昨日のように接戦になれば自力のある中日が有利ですよ。ロッテが勝つにはクソミソな打撃戦か先発が崩れた一方的な試合かです。だから中日が日本一になるには序盤で試合を作らないとダメ。そうすれば結果は必ずついてきます。

それにしても、パ・リーグ3位のチームに何やってんだか…。

あ、女子バレーもセルビアに勝ったしね。世界バレーだけど。木村のさおりんってばまた可愛くなりましたね。なんか日本シリーズと世界バレーを交互に見てましたよ。そのうち坂下ちゃんの顔が山本マサに見えてきたりして…。

冗談です。

でも、日本のスポーツは
アマチュア野球>プロ野球>プロサッカー>世界バレー
なのかしら?

私的にはどれもこれも好きなので優劣は付けられないなぁ。

でも試合的に見ていて面白かったのはダントツにナビスコ杯決勝、磐田と広島の試合でしたね。このブログでも何回か表明している通り私はアンチ磐田ですから、広島を応援していましたよ。

2010 ヤマザキナビスコカップ 決勝 磐田 vs 広島 5−3

つ〜か、うちに移籍の噂のある槙野をじっくり見ようかなと思って。

結論から言うと、槙野はうちで使うにして、DFとしては物足りず、アタッカーとしては少し中途半端で、サイドバックとしては展開力が無く、アンカーとしては運動量に疑問符が付く。FKにしてもあの距離だとダニルソンがいる(私の中では来年以降もいることになっているw)し、まっす〜キャノンもあるしな。

昨日の試合を見る限りは、グランパスでは微妙かなぁ。サブとしてなら良いけどね。千代反田か竹内か増川が、まさかの闘莉王が、今期限り移籍…だったら話は解るけどね。

あれだけ良いFKを持っているんだから、前方へのフィードがどれほどのものか期待していたんだけどねぇ。ま、広島のサッカーにロングボールは無いようなので。武器として持っているかもしれないけどね。

ま、それは良いや。

それにしてもサッカーって怖いよねぇ。寿人可哀そうだったなぁ…。タイトルを取らせてやりたかった。いやいや、昨日の試合が来年のモチベーションになれば、もっと寿人が怖くなって、もっとJが面白くなるかも知れないよね。そういう意味で槙野も移籍せずに広島で頑張れよ!と言いたいな…。

拮抗した実力を持つ両クラブの試合。確かに面白い試合だったけど、したり顔で風間と清水が、「結果として表れたのは磐田には前田遼一がいて、広島には佐藤寿人がいなかった」的なことをテレビで言ってたけど、そうは思わなかったな。

両チームの勝敗を分けたのは、チームとしての「引出の差」。

広島の良いところは、自分たちのサッカーを変えないところだけど、終盤で負けている時にパワープレイやロングボールを使えない(使わない?)のは単純にサッカーとして引出が無いよね。もちろん、2-1で勝っていた後半、広島は明らかに優勝を意識して守りに入っていたことも敗因ではあると思う。広島の引出に「守り切る」というオプションが無かった、と言えるんじゃない?

逆に磐田はシンプルに前田に当てて展開してみたり、ロングボールで裏を狙ってみたり、サイドを仕掛けてみたり、ドリブルで揺さぶってみたりと、局面で工夫していた。そこが結果として結実した、っていうことじゃないかなぁと。

実はこの2チームと我らがグランパスはまだ試合が残っているのだ。33節(磐田)と34節(広島)だけどね。昨日の試合を見て、出来ればその前に優勝を決めたいと言う思いが強くなった。

状況を難しくしない。優勝するための最後の条件。

だから次節鹿島戦では負けてはいけないのだ。引き分け以上…いや、最低でも勝ち点3だ。「勝ち点が11差あるんだから3試合は負けても良い」なんていう安易な計算をする人もいると思うけど、最悪なパターンは、32節終了時点で、ナビスコ杯ファイナリストの2チームのうちどちらかの試合を引き分け以上…っていう状況が一番ダメ。

32節終了時点でこんな星取りも十分あるよね。

    名古屋  鹿 島  G大阪
29節  鹿 島  名古屋  東 京
     ×    ○    ○
30節  大 宮  川 崎  広 島
     ×    ○    ○
31節  湘 南  神 戸  浦 和
     ○    ○    ○
32節  東 京  磐 田  湘 南
     ×    ○    ○
33節  磐 田  京 都  横 浜

34節  広 島  山 形  清 水

------------------------------------
勝ち点  63    61    61


んで33節、磐田に負けた場合極端に追い込まれる。

そうならないように、鹿島相手には勝利のみ。そういう思いを強くした昨日でした。


posted by しょうちゃ at 16:47| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

W杯が終わってしまいました。

W杯が終わってしまいましたねぇ…。
私はW杯が進むほど、スペインの優勝は無いだろうって思ってました。あのサッカーではドイツには勝てないだろうって思っていたんですけど、ドイツースペイン戦でドイツ自身が試合を難しくしてしまった感があって。コンディションやモチベーションの問題もあったんでしょうけどね。

ほんとサッカーチームは生ものだって痛感しました。日程が進むにつれて変わっていく。成長しているチームあり、その逆で崩壊していくチームあり…。

我らが日本代表は、成長していったチームでしょう。ひとつの勝利がこれ程チームを変えていくのだと。フランスとイタリアは崩壊していったチームなのかな?きっかけが掴めないまま、ズルズルと崩れて行った感じです…。

そういう意味でスペインは初戦の躓きから立ち直っていった、希有なチームなんだろうなぁと。いや真の強者とはそういうものなのかもしれないね。


楽しいお祭りが終わって、いつもの日常に戻ります。

そうJの再開です。
今週の土曜日(07/17)に我らがグランパスはアウェイで大宮と戦います。

ナビスコで情けない試合をしてしまった我らがグランパスも、しかしリーグ戦ではまだ好位置にいます。スペインのようにナビスコでの躓きを払しょくして前に進んで行けるだけの強さがあるのか?はたまたフランスやイタリアのように立ち直れずにズルズルと行ってしまうのか、日本代表のようにチームとして成長していけるのか?

お祭りが終わったら、次の祭りの準備を始めないと。それこそ日々日常を積み重ね成長していった先に待っているものでないと、本当に楽しいお祭りをむかえられないよね。

だからこそ、頑張れ!グランパス!


posted by しょうちゃ at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

サッカー日本代表に国民栄誉賞をあげても良い

日本のW杯が終了してしまいました。

サッカーファンな私が言うのもなんですが、正直アウェイのW杯で日本代表が予選リーグを突破出来る日が来るなんて、後10年ぐらい先になるんじゃないかと思っていました。ま、4で割り切れないので12年後かな?

テレビメディアの発達はもちろん、インターネットでも当たり前にテレビが見れるようになって、それこそ世界レベルのサッカーが身近に感じられるようになって、世界レベルに近い今の代表クラスの選手たちがコーチングスタッフになって若い世代を育てて、その世代がサッカーの日本代表になって活躍をする頃、日本と言う国のポテンシャルを考えればサッカー強国になるのも夢ではないと思うのだ。

PK戦の負けをTVで見て悔しさを胸にした子供たちに期待したい。

そういう積み重ねを強豪国はやって来たんだろうなぁと。

今回の敗戦が明日の勝利に向かわないといけない。今回負けた選手たちには悪いけど、サッカーと言うスポーツはそうやって成長していくのだと思う。岡田ジャパンは終わったけど日本サッカーは続くのだ。

そしてJリーグも。

今回の盛り上がりがJでも実現しないかなぁと…。無理かなぁ…。


posted by しょうちゃ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

ま、私も一応謝っておこう。

岡ちゃん、ごめんなさ〜い

韓国もほしかったねぇ〜・・・。

そうだ、今からドイツ対イングランド戦。

どっちが勝つかねぇ〜?
posted by しょうちゃ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

あぁん!もうすぐだね!

運命のデンマーク戦…。

やっぱり、なんだかんだで勝ってほしいなぁ。

我らがグランパスから出向中の玉田、楢崎、闘莉王…。

試合に出れる出れないはあると思うけど、

その場にいられる幸福を踏みしめ、

その場にいられない選手たちの思いを感じながら

頑張れ!
posted by しょうちゃ at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

明日が正念場かもだね…。

相変わらず忙しい毎日。休みくれ。

帰宅すると何時も午前1時頃。BS1のW杯リピート放送に丁度間に合う感じ。

で、ご飯を食いながら見て、午前3時ごろ寝る。

3時半からやる試合を見ようか迷いながら、やっぱり寝る。

始業はいつものように9時。

言うほど睡眠時間は少なくないけど、それでもキツイぜ!

ま、これも6月いっぱいかなぁと。今が正念場だ。

サッカー日本代表も明日が正念場か?

周りの人間は、負ける前提で次のデンマーク戦を睨んでいるようだけど、

「今日を戦えないやつに明日なんてない!」byロベルト・バッジョ

ってその通り。

常に勝つために戦えない奴は、肝心な時も勝てないのだ。

結果はどうあれね。

改めて振り返るカメルーン戦。やっと岡田監督らしい、厭らしい戦いが出来たように思う。

そう、エンターテイメント性の対局にある勝利を至上とする戦い。

それでこそ代表戦。それでこそ岡田武史。

マリノスを連覇に導いた、あの岡田武史が帰って来た。

相手の良さを消し、相手の弱点を突く。

巧妙に戦略し、狡猾に戦術する。

W杯までの4戦。良いところがまったく見えないあの試合さえ

今思えば、明日の布石のように思えてきた。

やりかねない。やりかねないぞ!あの岡田なら!

敵に回したことがある私たちなら解る。

あの自分たちの良さを殺され、一回のカウンターで沈み、

地団駄を踏んでいる我らゴール裏に

我が意中と、したり顔で小馬鹿にした視線を送る

あの厭らしい岡田なら!うおぉ!思い出しても腹の立つ!

本当に今の日本は幸せだ。あの岡田が敵では無いのだから。

明日オランダ国民は、私たちが経験した歯噛みする思いを感じるに違いない。

FIFAランク4位?

優勝候補?

入念に準備された岡田の前で、そんな格付けが通用するのか?

逆に楽しみではある。

さぁ、状況は開始された。

後は結果を待つばかりだ。
posted by しょうちゃ at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

いよいよ決戦の時…。

いよいよ決戦の時!

なのに私は仕事で見れないかもしれない…。

解ってます。夜の11時だから余裕じゃね?とか思っているでしょう

最近の帰社時間は平均で25時ですから。

韓国は強かったなぁ…。

アメリカも良いチームだなぁ…。

とほほ〜…。
posted by しょうちゃ at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

昨日の日韓戦から立ち直れない…。

キリンチャレンジカップ2010 JPN vs KOR


つらい…。


先が見えない…。


…なんだ?このグランパスとのリンクはw


ま、コンディションの差もあったし、何がしたいのかも明確ではないし、何より力の差が歴然。負けて当然だわな…。本田は周りにボールが来たら守備をするけど、あまり下がって守備をしなかったね。その代りワントップの岡崎が下がってたりして。それが約束事だったら、役割が違うんじゃないの?だったらいっそ本田をワントップで使えっての。

左右のサイドハーフも、サイドに張るのが役割なのか、ある程度中に絞ってサイドに開くのが約束事になっているのか…何がしたかったんだ?お前らは?

DFの寄せも甘い。っていうか温い。これはJリーグでジャッジが笛を吹きすぎってのの弊害だとも思うけど、それでもあれだけゆるゆるでスペースがあれば、パク・チソンには十分だろ。それ以上にスキルフルなスナイデルやロッペンだったら…。考えただけでも恐ろしい…。

あと、ハエのようにボールに集るサッカーの片りんも見えなかったね。

監督変えてももう駄目だろうなぁ…。かといってこのメンバーで5−4−1とかやり方を変えても時間が掛るかな?

あぁ、つらい…。立ち直れない…。
posted by しょうちゃ at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

日本代表についてツラツラ思うこと

昨日体調を崩して会社を休んでいたので、サッカー日本代表発表をリアルタイムで見てました。

【速報!】W杯にのぞむSAMURAI BLUE(日本代表)メンバー発表!(J's GOAL)
【W杯メンバー発表!】会見での岡田武史監督コメント(J's GOAL)

別にサプライズを期待していた訳ではないけど、何だろうな…なんか「がっかり感」ってあるよね?ま、それはジーコの時もそうだったし、トルシエの時もそうなんだけどさ。今回の岡田ジャパンの結果への「がっかり感」はひと際強い気がする。

何故か?それは今サッカー日本代表が抱えている「閉塞感」というか、岡田ジャパンを見てきて私が感じている「限界」。それを乗り越えるビジョンが見えないというか…。平たく言えば、岡田監督やサッカー協会が目標として掲げている「ベスト4」という目標は「不可能」というか、「グループリーグ敗退」と言う結果が見えてしまったというか。

最悪「グループリーグ全敗」もあるなぁと…。

う〜む。始まる前からネガティブな話は言いたくないし、このメンバーでもコンディションが最高に整っていれば、それなりに戦えるとは思うよ?思うんだけどね…。人が変わらないということはサッカーも変わらないと見えちゃうんだよね。

だから、結局「限界」も見えてしまう。

前にも書いたかもしれないけど、「中盤でボールを回してポゼッションを高めながらゴールを目指していく」などと言う「ありきたりのサッカー」じゃあ、結局個人の力でやられてしまうと思うんだよ。だったら何かに特化したチーム作りをする方が期待感がある。

守備に特化して全試合引き分けを狙うサッカーや
攻撃に特化して負けても良いから2点以上絶対に取るサッカー

とかね。

そういう思い切ったことが出来ないのなら、4年後に繋がるビジョンを見せてほしいと思った。もっと若い選手を呼んだりね。

それでもリアルに結果を求める(こだわる)のなら新しいオプションを見せてほしいと思った。例えば東京の石川やセレッソの香川、名古屋の金崎、横浜の山瀬のように仕掛けられる選手を入れたり、今コンディションの良い清水の小野や横浜の渡邉、浦和の田中、細貝を入れたり、広島の槙野を入れて闘莉王と超攻撃的2センターバックとか、背の高い3人(巻、矢野、前田、高松など)を並べてガンガンサイドから放り込むサッカーとか、期待感のある選手を数人入れるだけで違うと思うけどなぁ…と。


と文句ばかり言って、じゃあお前はどういう代表を選ぶんだよ!と。

もちろん考えてありますよ。それが趣味みたいなもんですからね。サッカー好きな人は自分だけの最強(w)日本代表を誰でも持っていると思うんだ。敢えてグランパスサポータと言うことを捨てて、今回選んだ「しょうちゃジャパン」です。


GK:楢崎(名古屋)・川島(川崎)・西川(大分)
DF:長友(東京)・今野(東京)・駒野(磐田)・内田(鹿島)
   槙野(広島)・闘莉王(名古屋)・平岡(清水)
MF:稲本(川崎)・中村(川崎)・長谷部(ウォルフスブルク)
   本田(CSKA)・細貝(浦和)・遠藤(G大阪)
   小野(清水)・石川(東京)・香川(C大阪)
   金崎(名古屋)
FW:岡崎(清水)・大久保(神戸)・前田(磐田)
   渡邊(横浜)

【カメルーン戦】
     岡崎

香川   本田   金崎

   遠藤  長谷部

長友 闘莉王 槙野 内田

     楢崎

【オランダ戦】
     前田

     中村
本田        小野
   稲本  遠藤

長友 闘莉王 槙野 駒野

     楢崎

【デンマーク戦】
     渡邊

   石川  大久保

 本田  小野  長谷部

長友 闘莉王 槙野 内田

     楢崎



…結果あまり変わらないwすまんw
(しかし、俊輔と中澤がいない代表がスポンサー的に許されるのかw?)

それぞれのゲームプランもあるけど、それを言いだすと、書き切れなくなるので書かない。まだ1カ月あるし、状況が変わるかもしれない(エトゥが怪我するとか…)ので今は止めて置こう。

本当はもっと思い切って稲本や小野、長谷部、大久保、前田、石川を外して若手にしても良いとも思ったけど、それでもある程度勝機のある人選をしないといけないと思ったので、調子の良い選手や特徴のある選手を選んだつもり。

それでも私が絶対連れていきたい若い選手はGK西川、DF長友・平岡・内田、MF香川・金崎、FW渡邊。百歩譲って(ここら辺がグラサポw)金崎の代わりに宇佐美(G大阪)でも良い。勝負度外視で憲剛ではなく乾(C大阪)や原口(浦和)、それこそこの前ハットトリックした楠神(川崎)でも良いし、清水の山本も良い。あ、鹿島も大迫も良いなぁ…。DFだったら森嶋(C大阪)や吉田マヤ(VVV)もつれて来たい。

ね。若手の名前を挙げるだけでもわくわくするじゃない。

あぁ、そうか趣味か。趣味が合わないのかな?岡田監督とは。サッカーのね。私は何度も言うようだけど、イタリアサッカー信奉者で、戦術はかなりリアリスティックなことを考えるけど、それでも将来に向けて何らかのビジョンが無いといけないと思うのよ。私はもっと1対1で縦に仕掛けられる選手がいると日本は強くなると思っているので、上のような選手選考になったんだけどね。

なんか楽しくなってきたなw

それでも現実は、泣いても笑っても岡田ジャパンで南アはやっていくんだ。覚悟を決めよう。それでもなぁ…。別の機会に今回選考に漏れた選手を集めてしょうちゃジャパンを作ってみよう。絶対岡田ジャパンより強くなる自信があるw


【追記】
私の友人にこの記事の話をして感想を貰ったんだけど。
「平岡?岩下や青山でなくて?」



……

…………


素で間違えたぁ!!!


本当は「岩下」って書こうと思っていて。
(今怪我してるのも知らんかったし…)

最近の清水の試合をテレビで見ていて、特に仙台戦の印象が強くてなんか自分の中で入れ替わってしまったみたいです…。でも最近の試合を見ても平岡って良い選手だよね?ね?(^^;

ま、間違えたのもなんかの縁だし、今回はこのままで行こうw
posted by しょうちゃ at 12:46| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

今がタタキドキ♪岡田JAPAN!

岡田監督、解任論噴出!韓国に惨敗3位(スポーツナビ)

東アジア選手権という、フレンドリーマッチに毛の生えたような罰ゲームを終えて、我らがサッカー日本代表はどうどうの3位に輝きました!

4チーム中ですが。

んで、岡田監督を「今だ!」とばかりに、四方八方で叩きまくっています。これはいけない。流行に乗り遅れては(w

とは言うものの、別に今の代表のサッカーを叩く気にはなれないんだわ、実際。岡田監督のサッカーは、いつもあんな感じだったジャン。前の代表監督の時もマリノスの時も札幌の時も。別にいまさら岡田監督の「サッカーが面白くない」とか言う奴ってのは、代表の試合しか見てないんだな、と思う。

そして代表の試合というものにエンターテイメント性は必要ないと思っている。

私は本気でW杯4位をねらっているのなら、もっともっと守備的になって、パスをつないでポゼッションを高めて、まったく自陣から出ないようなサッカーをすべきだと思っている。そして前線の速い決定力のある2人だけで得点するとか、それこそセットプレイのみで得点し、守り勝つとか、そういうサッカーにもっとシフトすべきだと思っている。

そういう意味で言うなら、今の日本のサッカーは中途半端な印象はあるけどね。

取り立てて運動量もない、技術はあるけどプレッシャーに弱い、フィジカルも弱い、システムの理解も少ない、戦術も徹底していない。これだけマイナスを背負って勝とうというのなら、普通のサッカーじゃあダメで、本気のあの厭らしい岡田イズムを見せてほしい。

posted by しょうちゃ at 18:18| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

サッカー四方山話「狂犬注意に覗いて見れば、犬では無くて飼い主か」

Swingするサッカー界のニュースを、私個人の琴線に触れる話題を掻い摘んでお送りするサッカー四方山話。実に久しぶり。天皇杯とACLは残っているけど、リーグ戦は事実上の終戦なのは、関係無いと言えば関係ないし、関係あると言えば関係ある。



犬飼会長が一喝「レッズ狂ってる」(スポーツナビ)


お前がな。


フィンケのサッカーは悪くないと思うんだけどね。

オフトのように、ポジションを固定して、ボールを持たない選手の入れ替わりとか追い越しとかを極力無しにして、今のようなショートパスのサッカーを始めて行けば良いように思うんだけどね。今の浦和の特性を出すにはそれも手だと思うんだけどね。

でも選手が動かないと、良し悪しは別にして「日本人はなぜシュートを打たないのか?」の人がボロクソ言うだろうけど。必要以上に選手が動かない戦術も有りだと思うけどね…。ま、プレッシングサッカー以前の古い戦術論ではあるんだけど。

つ〜か、三都主は動かないことでバランスを取っているんだから、良いんだよ。人様に来た選手の悪口は止めてもらいたいな。



愛称は「SAMURAI BLUE」 新エンブレムも発表=サッカー日本代表(スポーツナビ)



……

………

「サムライジャパン」ほど浸透するかどうかは微妙だなぁ。

なんか二番煎じ臭がする。まだ火の鳥ニッポンの方が許せた。

「アズーリ」「ラ・ブルー」「セレソン」「スリーライオンズ」「アルビセレステ」…。

カメルーンの「不屈のライオン」なんて格好良いんだけど、サムライブルーって、もうすでに名前負けしている感があって。野球に追随しているだけじゃあダメなんじゃね?と思ったりする。

個人的には「八咫烏(やたがらす)」で良いと思っている。英語にするんだったら「Crows」。色を入れたかったら「BlueCrows」「CrowBlues」とかにすれば良いと思ってます。


岡ちゃん4強宣言「その姿が見える」(スポーツナビ)

残念ながら私はその姿どころか、岡田監督がどんなサッカーをしたいのか、まったく見失っていますが…。

それは私だけではなく、岡田監督のスポークスマンとしての資質の問題もあるんじゃないかと思うのです。そう思うきっかけが(というか前からうすうす思ってましたが)↓の記事。

「なぜカズ外した?」に岡田監督不快感(デイリースポーツonline)

これは私も未だに明示されない点として認識している。

それは「戦術的に」カズが不必要だったのか、それは何故か。その時監督がどういう絵を描いて、ゆえにカズを不要と判断したのかという明確な答えは本人から提示されていない。これは日本のサッカー文化をもう一段上のレベルに押し上げるために本人の口から語る必要があるのではないか?と思うのだ。

同じようにトルシエの「俊輔外し」は明確な理由があった。トップ下でボールをキープしてサイドの上がりを待つ戦術において、フィジカルに著しく弱点のあった当時の俊輔では役に立たないから、というものだ。それはトルシエ本人も語っている。

そういう話を聞きたいんだけどなぁ、岡田監督から…。


ベンゲル監督「レアル・マドリーからのオファーは魅力的だった」(スポーツナビ)

ベンゲルは限られた予算の中で出来るだけ若く良い選手を獲得し、うまくチームを作っていくイメージがあって、その手腕がレアルと言う巨人で通用するかと言うところを見たかったなぁと。

あれ?しょうちゃはガナーズファンじゃ?と思った人。私はすでにベンゲルを見切っているのだよ。ま、他のプレミア通の評論家が言うように、セスクに頼りすぎのサッカーっていう批判をするつもりは無いけど、それでもガナーズが抱える閉塞感は紛れもなくベンゲルのせいでもあると思ったりする。

だから新しい監督が来て変わるかっていうのは非常に分の悪い賭けではある。

継続して選手が補強出来るグランパスのようなクラブは上記のような閉塞感は無いんだけど(逆に戦術の継続性が無くなるという問題点がる。今年みたいにね)、ガナーズには出来ないし、若手を上手く育成する方向がチームコンセプトだから、ある程度は仕方ないのかなぁと思ったりはするけどねぇ…。




posted by しょうちゃ at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

ちょっと酷いので書いておく。

まずはこの動画をみてください。



明らかにレイトタックルで、しかも足の裏を見せて突っ込んでいっている。

レイトタックルってレベルではないぞ!

んでマルキーニョスはレッドどころかイエローすら出なかったんだってよ。

カードが出なかったのは、審判の問題なので今までこのBlogでも散々書いている。今回改めて殊更に書くことはしない。大体副審に確認するために、笛を吹いて試合を一回止めろよとか、言いたいことは沢山あるけどね…。

マルキーニョスの悪質なプレイに関しても、負けていることやハードマークされていることなどでイライラしていたんだろう。決して褒められたことではないし、断罪されて仕方ないことだと思うのだが、サッカーには良くあることだし、ジウトンには悪いけど、マルキーニョスにはそれなりに罰則が課せられれば、それで良い(罰則が課せられないことは非常に問題なのだが…)。

このBlog的に問題にしたいのは、その後に鹿島の選手がプレイを続行したことだ。明らかに選手が悶絶していて、ピッチ上に倒れているのにも関わらず、プレイを続行するというのはどうよ?

いくら負けてるからって腐ってんじゃないか?

審判に時計を止めてもらって、ボールを外に出すのが筋だろうが。

プレイを勝手に再開させた奴はマジでスポーツマンシップ違反とかで何試合か出場停止とか出来ないものか。

まぁ、それも勝ちたいという気持ちが出ていたプレイって事で100歩譲って認めても良いだろう。

だけど、一番最悪なのはこの動画の解説している奴!誰か知らんが「故意じゃない」としてもああいうプレイを批判しないでどうすんだ!しかも…

実況「うわっ足の裏見せてますね!」
解説「そうなんすよ(笑)」

って何を笑ってんだ!小学生とか見てて、「あ、故意じゃなければ良いのかな」と思われたらどうすんだ!ここはしっかり批判して糾弾しないと駄目だろう!

サッカー人気が落ちてきて、それでもサッカー選手を志す子供たちがいるのだ。その子達に「良いプレイ」「悪いプレイ」を正しく伝えなくてどうすんだ?それがメディアに携わる人間の責任だろう?!

最悪のプレイに最悪のジャッジに最悪の判断に最悪の実況解説が重なって本当に最悪な気分だ。これだけ胸糞悪くなったのは久しぶりだったので書き留めておくことにした。

posted by しょうちゃ at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

サッカー四方山話「大敗したのと笑ってみても明日は我が身と身も凍る」

Swingするサッカー界のニュースを、私個人の琴線に触れる話題を掻い摘んでお送りするサッカー四方山話。鹿島がACLの初戦を落としたみたいで結果だけを見れば大笑いなのだが、逆に言えば水原三星はそれほど強いのかなと。順調に勝ち上がっていくと当たる可能性があるだけに、なんとも複雑。

てな訳で、とりあえずその話題から。


AFCチャンピオンズリーグ 水原 vs 鹿島(水原)(J's GOAL)
鹿島まさかの4失点惨敗(nikkansports.com)

試合を見てたけど、ノーリスクで勝とうとするクラブ同士で珍しく鹿島の方が焦れて前に行ったところカウンターで沈んだ感じだな。ACLで結果が出ていないことがなんか焦りみたいなものに繋がったのかな?

Jでは2連覇中の王者がらしくないな。

例えばプレミアのリバプールのように、国際試合の方が結果が良く、国内の方では優勝が遠いというチームの方が好かれるってもんだよね。鹿島はその逆だから嫌われてるんだな。

恥とまでは言わないけど、鹿島が大敗したことでJが下に見られるのは嫌だな。
嫌ついでにもう一言…。


あの黄色いアウェイユニはやめた方が良い


いじょ!


レアル・マドリーがCL敗退、リバプールに0−4で惨敗(スポーツナビ)

そんなリバプールはレアル・マドリーに快勝。ま、リバプールの強さというよりレアル・マドリーの弱さが目立ったって感じだった(弱いといっても十分に上手いし強いけどね…(^^;)。

うち(のメディアインフラ)はリーガ・エスパニョーラはバルサの試合しか見れないので、レアル・マドリーが今どんな状態かはそんなに知らないけど、でもこの試合を見た感じだと今のやり方で続ければ来年あたりは大丈夫なんじゃないかなぁと思うけど。

でも、ここはそれを許さないからなぁ…。(^^;


アーセナルがCL準々決勝へ ローマとの壮絶なPK戦を制す(スポーツナビ)

そんなわけで我らがガナーズは勝ち上がりました。私的にはローマが消えたことは悲しいけど、今はアーセナルの方が好きなので良しとしています。それにしてもプレミア勢は強いよね。

プレミアリーグのチームが強いのであって、イングランドが強い訳ではないのが、少し滑稽ですが。


リケルメが代表入りを断念「マラドーナとは一緒にできない」(スポーツナビ)

間接的ではあるけど、リケルメが代表引退を宣言したと解釈して良いのかな?心からお疲れさまでしたと言いたいです。う〜む、そうなるとボカでやっている限り、私はほとんどリケルメの雄姿を見ることが無くなるのかぁ…と

JSportsが昔のようにアルゼンチンリーグの試合を放送してくれれば良いんだけどなぁ。


バヤリッツァ危機感いっぱい ACLで代役・吉田が好プレー(中日スポーツ)
バヤリッツァ選手の一時帰国について(名古屋グランパス公式サイト)

竹内が怪我をしている今、決して選手層の厚い方ではないグランパスのセンターラインが大ピンチです。ここに来て米山三木の抜けた穴が大きいなと…。でも若手はチャンス!イケメン松尾の出番ですよ!

去年の竹内のように、ピンチをチャンスに変えるのだ!若手の奮起を期待したい!





posted by しょうちゃ at 18:00| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

サッカー四方山話「サギと言うにはおタカくとまり油揚げさらう代理人」

揺れ動くサッカー界の話題を、適当に掻い摘んで紹介するサッカー四方山話です。天皇杯も決勝を残すのみとなり、本格的なストーブリーグに突入しています。もちろん欧州も1月の移籍市場が開くタイミングで、大きな動きもあるでしょう。

日本にも優良な外国人選手は来るんでしょうかね?興味が尽きません。



リバプールに衝撃!!ジェラード暴行容疑で逮捕(スポニチ)

リバプールどころか、私も衝撃を受けました。リバプール首位なのに…。

我らがガナーズ(アーセナルのことね)にはチャンスかもしれないけど、正直今シーズンはセスク離脱で諦めているので(はやっ!)優勝するならリバプールにしてほしかったなぁと…。これじゃあ、チェルシーに抜かれちゃうか?マンUだけには優勝させたくないけど、チェルシーも勘弁して欲しいなぁ…。(^^;フェリペは嫌いな監督じゃないですが…。

いっそヴィラに優勝してもらうとか?いやいや、まだ終わらんよ!


ガスコインの息子が父親に絶望「もはや彼を助けることはできない」(スポーツナビ)

ガッサの息子さんってどんな人なんだろうね。

破天荒なサッカー選手の子供って言うことで、結構大変な人生を歩んでいるとか?でもそんなに冷たく言わないでも良いのに…。彼ほど愛されている選手はイングランドでは少ないんだから。いつか、自分の父親を誇れる時が来ると良いなぁ…。

まだ12歳なのか。頑張れよ。


G大阪 「世界切符」再取得まであと1(スポニチ)

コンディション的にボロボロであってもチームコンセプトを守り、最後までファイトするガンバ大阪の選手には本当に頭が下がります。敵ながらあっぱれです。それにつけても我らがグランパスの情けないこと…。

どんな時でも勝負所で引いてしまう奴は絶対勝者になれない。

理由はある。例えば「ACLの出場権はすでに取っているし、天皇杯の優勝より来季の準備をした方が有益だ」と。それはそうだ。じゃあ聞くがリーグ戦で優勝を争っている時に同じように言い訳をせず、本当に頑張れるというのか?一度引いてしまった人間は、勝負所でも引いてしまう、甘えてしまう。そんなことは無いと言い切れるのか?

本当に勝負強い奴は、どんな時も自分を崩さずまっすぐに勝利へ向かえる奴だ。

予言しよう。今のグランパスでは来年も優勝出来ない。絶対に勝負所で崩れる。このBlogでも再三言っているが、グランパスにはしっかりしたキャプテンシーを持つ選手が、支柱のようにグランパスの中心になれる選手が必要なのだ。

そんなことを感じた、天皇杯準決勝でした。


石崎監督 J2札幌の指揮官就任を発表(スポニチ)

柏も決勝に進出したようで、それはそれで良いんだけど、今季限りの石崎監督に花を持たせようと頑張っている選手たちに申し訳ないという気持ちは無いのか、フロントは。せめてもう少し待つことは出来なかったのか?

まぁ、札幌の選手からすると来季の体制がまだ決まっていないとか言うと精神的にも穏やかじゃないだろうけど、それはそれうまく出来なかったのかなぁと…。

準決勝2試合見た限りでは柏有利と予想するけど、元日はあえてガンバを応援するかな。あれだけ良いものを見せてもらったんだからね。ガンバには頑張って欲しいな。そして願わくば来季も強いガンバでいて欲しいな。それでこそ倒し甲斐があるってもんだ。


川崎が我那覇の神戸移籍を発表(スポーツナビ)

我那覇の神戸移籍が決まりました。

でも我那覇が川崎を出て行く日が来るとは思わなかったけどなぁ…。もう一花どころか二花三花咲かせて日本代表にももう一度呼ばれるぐらいに活躍して欲しい選手ではある。でも神戸か…。

中途半端な(失礼)(^^;いっそレッズとかに行った方が良かったかもしれないよ?


浅野コーチがユース監督に=J2湘南(スポーツナビ)

小さなニュースだけど、浅野さんがユースの監督になることになりました。実績を積んでぜひ将来はグランパスに戻ってきて欲しいな。沢入さんとかうちって意外と将来有望な監督候補が多いのでは?

なんて夢見たりしてなw


横浜田中隼、名古屋移籍をほのめかす(nikkansports.com)

あとグランパス絡みの移籍情報と言えばこれぐらい?

未確定情報っていうか噂では、ジョンウのグランパス復帰と筑城の徳島レンタルっていうのがあるらしいけど、どうなんだろうね…?ま、確定してから考えますか。


Jリーグ 2008年 移籍情報(スポニチ)

まだ途中だけど、移籍情報のまとめ。

個人的には川崎の我那覇と横浜FMの大島と乾の移籍が意外だったかな…。地味にまだまだ大きな移籍があるかもだな!確かに期待しているけど、こんな話にはもううんざりしているんじゃないだろうか?


ACL出場消滅…中沢去就「考える」(スポーツナビ)

狼少年の話は知っているか?中沢よ…。

代理人の移籍を匂わせて契約金を吊り上げる情報戦にはもう踊らないぜ?



posted by しょうちゃ at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

サッカー四方山話「未だに馴染めぬCWCがカップウィナーズカップと見え」

古い話さねw

さて揺れ動く世界のサッカー界の話題を、私個人の琴線に触れた話題を掻い摘んで紹介するサッカー四方山話ですが、まずは巷で微妙な空気とともに開催されているクラブW杯の話題から。


FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2008|コラム|(スポーツナビ)

相変わらず宇都宮徹壱さんのコラムは秀逸です。ぜひ宇都宮さんのコラムをひも解きながら、今大会のそれぞれの試合を振り返ると良いと思います。

リガ・デ・キトが守ったもの(スポーツナビ)

初戦のアルアハリとの試合では見事なパス回しを見せていたパチューカでしたが、この試合でも自分たちのサッカーを貫こうとして、しかしそれがうまくいかずミスからのカウンターに沈んでしまいました。

何となくセフが目指したサッカーがそこにあった気がしたな。

ポゼッションを重視して、ショートパスを繋いで相手を崩すサッカーは見ていて美しいものです。セフの頃のグランパスもあのぐらいパスが繋がられば、もっと良くなっていただろうけど。

でも結果は勝負に辛く守備からのカウンターで決めたリガ・デ・キトの勝利でした。そんなところもセフの頃のグランパスと被るなぁ。(^^;優しさ全開だったグランパスとさw

今の我らがピクシーグランパスのサッカーは、パチューカのサッカーよりもワンテンポ速く前へ切り込むサッカーなので、パチューカのサッカーとは違いはあるにしても、グランパスが次のステージに行くための多くのヒントをくれた気がしました。

今日はガンバとマンUか…。むむぅ〜…。(^^;私には勝機は見いだせないけど、左右のサイドバックが上がった裏をうまく突ければ、何回か決定的な場面が作れるかなと。後は点を先にやらないことだなぁ…。西野はどう出るんだろう?


ウェストハムを売却か 英BBCが報道(スポーツナビ)

なんとハマーズが売却だそうだ。マンチェスター・シティのように中東資本が入るのかな?ハマーズのようにイングランドフットボールに多大な功績を残したクラブでさえこういう憂き目に会ってしまうのか…。

世知辛い世の中だねぇ…。


アーセナルのセスク「バルセロナとは当たりたくない」(スポーツナビ)

セスクはバルサのカンテラ出身の選手で将来はバルサに帰ってプレーしたいって言っているくらいだから、別段こう思っても不思議ではないのだけど、それを口に出して言ってしまってはいけないと思うのよ。ただ絶好調の強豪と当たりたくないという一般論だとしても。絶対私のような馬鹿は、そんなことを勘ぐってしまうんだから。


「マンUとレアルがC・ロナウドの来季移籍で密約」報道が波紋(スポーツナビ)

これはロナウドの家族(多分私の記憶ではロナウドのばあちゃん)がレアルのファンで、「一度ロナウドがレアルのエル・ブランコ(レアルの白いユニフォームのことね)を着ている姿が見たい」と言ったとか言わなかったとかで、将来はレアルでプレイすることが夢なんだとか。

そこそこ、笑ってはいかんよ。

彼が子供のころ好きだったクラブはベンフィカだったんだけど、彼の母親がスポルティング・リスボンのファンで母親の喜ぶ顔が見たいということで、ベンフィカでは無くスポルティングのユースに入ったっていう話だし。

実は基本良い奴なんだよ。女にだらしないけどさw

そして彼のひいおばあちゃんが日本のグランパスファンだった…なんて話はどこにもない。


浦和危機…達也&相馬ダブル海外流出も(スポーツナビ)

阿部に続き田中のたっちゃんと相馬が海外に挑戦したいそうな。また微妙な2人が海外挑戦したいなんて言いだしたもんだなぁ…。まぁ、誰でも挑戦するのは自由だと思うけどね。もちろんうちのマヤだって挑戦するのは自由だし。チャンスがあれば挑戦すれば良いと私は思う訳ですよ。

ただ挑戦する=通用する、だとは限らない。

しっかり自分の身の丈に合ったリーグでトライすることをお勧めする。前うちにいた成金ゴリラのように身の程を弁えてオランダリーグの2部で頑張っている選手もいるしね。ただ海外のリーグで通用しなかったら国内に帰ってくれば良いや的な考えで行っても無駄だよ。例えば先述の成金ゴリラが今うちに帰ってきても、レギュラーが約束されているかっていうとそうではない。

吉村中村以上に90分通して走り通せるだけのスタミナがあるか?
小川以上に積極的な仕掛けや裏に抜けだす動きが出来るか?
マギヌン以上に右左ポジション関係なく決定的なパスが出せるか?
阿部以上に展開力があり、左サイドからゲームをコントロールできるか?
増川マヤバキ以上に安定した守備力を見せられるか?
ダヴィ玉田杉本のようにFWとして決定的な仕事が出来るか?

そして竹内以上に…

竹内以上に…



竹内以上に愛されるキャラクターか?


ま、まぁ、ともかくそういうリスク込みで、地に足を付けて選択しろって言うことだ。

間違えないでほしいのは、私は選手の海外移籍はチャンスがあれば是非チャレンジしてもらいたと思っているのだ。玉田もマヤも花井もね。でもその後は帰って来るところなど無いよって言うこと。海外で骨を埋める覚悟で行けってこと。それが出来ないのならやめておけってこと。


大久保、移籍「五分五分」 ウォルフスブルクを観戦(スポーツナビ)

大久保は絶対に海外でやるべきだったよ。今回の海外再挑戦は遅いぐらいだ。

本当は以前スペインに行った後に帰って来るべきではなかったと思っていたんですけどねぇ…。

しかし、なんで猫も杓子もちょっと力が付いたぐらいで海外に行きたがるんかねぇ…。やっぱりお金なのかな?

まぁ、日本のリーグは居酒屋のアルバイト以下だって言うしねぇw


posted by しょうちゃ at 16:21| Comment(1) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

J1J2入れ替え戦の結果

期待外れも良いとこだ!

2008 J1・J2入れ替え戦(J'sGoal)

仙台は残念でした。良いサッカーしてたよ。マジで。
posted by しょうちゃ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

明日の入れ替え戦、何かが起こる…?

なんじゃあこりゃあ?

なんか話題なので…。

なんじゃあこりゃあ?(原本)

上の写真は加工してないものね。J's Goalからパクって来たものをそのまま掲載。



そうまでして、客を呼びたいかジュビロめ!!



そこまで落ちたか…。

posted by しょうちゃ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

サッカー四方山話「磐田の凋落眺めてみても何かが足りない入れ替え戦」

揺れ動くサッカー界の話題の中で、私の琴線に触れたものを独断と偏見で紹介する「サッカー四方山話」。盛りだくさんの今回ですが、まずは昨日行われた入れ替え戦の話題から行きたいと思います。



磐田救った!19歳松浦が同点ミドル(スポニチ)

今年が最後の入れ替え戦なんだってね。J1J2ともに18クラブになったことが理由だとか。この辺の理屈が良く分からないのだが、日程の関係とかあるのかな?入れ替え戦が無いことで、今の厳しい日程が少しでも緩和されることには賛成。

ただ入れ替え戦が無くなるのは少し物足りないかな。

そんな最後の入れ替え戦。本来磐田の戦力ならこんなところにいるのがおかしいのであって、むしろアウェイだからと言ってドローは落胆すべき結果だと思うのだけど、2chのジュビロスレを見る限りでは、なんか妙な安堵感がサポ全体に漂っているのは何故だろう?

試合内容もな〜〜んかピリッとしない印象を持ったけど。

まぁジュビサポでもない私がやいのやいの言うのも変だなとは思うのですけどね。なんかこうじれったいというか、何というか…。もっとやることあるんじゃないの?サポもフロントも選手も。

もう!J2に落ちちゃえよ!w


東京Vサポーターが抗議の不買運動(スポニチ)

うむ。こういう時こそ不買運動とかでは無く、しっかり支えていかないといけないんじゃないだろうか、サポーターは。でも危機感を持っているという意味ではジュビロよりマシかも?

でもここがJ2に落ちたのは明確な理由があって。でもそれを改善するには多分うちのような、J発足当時にトヨタのサッカー部から分離して独立したような歴史的に新しいクラブには解らない古豪ならではのシガラミのようなものが邪魔をしているのではないかなんて思うのです。

いわゆるそれが「読売的な」ものなんでしょうけど。

まずは「読売的な」ものは捨てて、新しい「東京ヴェルディ的な」サッカーが作れるかどうか。他サポながら注目していきたいなと思っています。


浦和、ブッフバルト氏との契約“破談”(スポーツナビ)

フィンケとギドって仲悪いんだね…(違

ブッフバルトはフィンケに配慮したんじゃないかな?フィンケのやり易い環境を作ることが大事で、自分という存在が枷になることを嫌ったとか。

まぁ、浦和のことだからどうでも良いんですけど。


坪井ブチギレ!無冠の浦和“厳冬更改”(スポーツナビ)
浦和厳冬更改…坪井10%ダウンを一蹴(スポニチ)

確かに常に優勝を求められるクラブだからって、7位フィニッシュで「厳冬更改」じゃあさすがに割が合わないわなぁと思っていたら、年棒が5000万円から500万円減って4500円だと。

お前らどんだけ貰ってるんじゃい!

もともとが高すぎなんじゃないかなぁ…。と思うわけですが、いかがです?


中村「アジア王者獲る!」1000万円増で一発サイン(中日スポーツ)
小川3倍越えた 700万→2200万円に(中日スポーツ)
吉田ニッコリ倍増 1600万円で一発サイン(中日スポーツ)

そういう意味でうちの選手は可愛いね。吉村も2100万円で複数年契約だとか。っていうかもう少しごねても良いんじゃない?と思うぐらいだ。一部の噂では阿部、増川、竹内、杉本は保留とか。貰える時に貰わないとな。ゴネろゴネろ。そしてフロントはもっと上げてやれ!

でも来年結果が出なかったら、その分ガクッと落ちるからね。


FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2008(スポーツナビ)
FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2008特集(J's GOAL)

そんで花試合が今日から開幕。

どれだけG大阪のコンディションが上がっているか注目かな。その次天皇杯で当たるんで、ついでにコンディションが落ちてくれれば良いんだけどw


posted by しょうちゃ at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。