2011年10月26日

auのISW11M(Motorola Photon)に買い換えました。

前の愛機IS03が、とうとう8時間電池が持たなくなってしまった。会社に出勤して帰社する間電池が持たないのだ。まぁ、もちろん電池パックを買えば長く使えたと思うし、節電やモバブーなんかを利用し続ければ、それなりに使えていたんだろうけど、やはり会社で使っているHTCやiPhoneと比較してしまうと、このもっさりした感じがストレスになっていた。

そこで思い切って携帯電話を変えたのだ。
Photonの画像です

会社でHTCとiPhoneを使っているので「HTC EVO 3D」「iPhone4S」は選択肢として無し。思い切ってキャリアをdocomoに変えて「Gallaxy」にするほどの度胸も無し。

んで、「Motorola Photon」に落ち着いたわけですが。

しかし、この選択には最後まで悩みました。
それは愛機IS03との比較に置いて、以下の数字によるものだった。

        Photon   IS03    EVO 3D
連続通話時間  約530分  約230分  約450分
連続待受時間  約210時間 約200時間 約320時間

待ち受け時間が10時間ほどしか違わないのだ…。
普通に考えれば10時間と言えば半日違う訳だけど、実際のIS03の待受時間を体感的に知っている私はこの200時間が嘘っぱちだってことを知っている。例えば参考に出したEVO 3DはIS03の約1.5倍の値なので、IS03がほぼ8時間程度で電池が切れるので、1.5倍で12時間。半日は持つだろうなぁと予想が付くが、Photonの10時間をどう評価したものかと…。

ただ店頭で実機を触った感覚が非常に良い。良いのだ。

どうしようと、検討を始めて1週間。Amazonでこういうのを見つけた。
大容量バッテリ

製品仕様のところにこう書いてある。
商品の仕様

お!って言うことは、IS03の2倍16時間は持つってことだ!やった!

と言う訳で何も考えずにポチる。
auショップで「Motorola Photon」も買う。

まだ大容量バッテリーが来ていないので、最終形はわからないけど、「Motorola Photon」には大満足。電池的にも案外持ってるじゃん。これなら大容量バッテリー要らんかったかもしれん。それぐらいだ。

愛機IS03で鍛えられた私だ!今後どんな糞スマフォでも耐えられる気がしている。

posted by しょうちゃ at 19:48| Comment(2) | TrackBack(0) | PC格闘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

auのIS03に機種変更しました

もう最悪です。
使い勝手が悪い悪い…。

私は会社でソフトバンクのX06HTUを使っているので他のキャリアのAndroid携帯の使い勝手は解ります。iPhoneとまではいかないまでも、他のAndroid携帯より使い勝手が悪いというのは、auが社運をかけた携帯電話にしてはお粗末だ!これに6万なんぼって…。詐欺だよぉ〜TT

もう頭にきたので悪いことを列挙します!

1)フリックの反応が遅い!
 私はiPadや他のAndroid携帯に慣れてしまっていたので、余計に感じるのかもしれませんが、その感覚はXperiaに近いものがあります。もっとサクサク動くのはAndroid2.2のアップデートを待つべきかもしれませんが、だったらIS03である必要はなく、その後に発売されるIS0xを待っても良いし、他のキャリアなら既にリリースしてますもんね。

2)電池の減りが速い
 私の使用感では4時間持ちません。一日持たせるにはWi-Fi切ってBlueTooth切ってバックグラウンドの通信切って、ウィジェット使用せず、15秒で省エネモードにするように設定して(と言うか省エネモードとかいうものにして)…。そう普通の携帯電話のように使用する前提でやっと、電池の持ちが悪い普通の携帯電話って感じで使えます。何のためのAndroid携帯じゃ〜!ボケェ〜〜!

3)au公認のアプリが少ない
 これはある程度覚悟をしてました。しかし少し我慢すれば増えるかなとか、思ってましたが、よくよく考えてみれば、今Android2.2に対応するアプリが出始めている中、auの、しかもAndroid2.1のアプリが増えてくるって言うのも望み薄かもしれないなぁとか思います…。

4)WEB de 請求書の確認が手間
 EZWebからだと、もうすぐメニューを開けば見えるんですが、スマートフォンからだと見れない。なんかサポートIDとかパスワードとかお客様コードとか言われる。で、お客様コードってどこに書いてあるかって言うと、請求書に明記されているんだと。まてまてその請求書を携帯電話から見るためにお客様コードを知りたいのに、請求書に書いてあるから確認してくださいってそれなんて無理ゲー?え?これって詰み?

5)写真が汚い?
 auユーザーではお馴染みなんであえて書かなくても良いかなと思いますがw。なんでこう青みがかったと言うか、霞がかったような感じになるんでしょうね?

6)音楽プレーヤーとして使えない
 Lismoっていうことで最初から期待していなかったけど、それでも多少は利用できるかなと思ったのですが、電池が持たないので、もう選択肢として選べないレベルになった。

7)液晶がにじむ?
 SHARP製なので期待してたんですけど、長いスクロールをすると文字が滲んで見える。「anちゃん」という2chブラウザでのこと。X06HTUではならなかったので気になる。

8)ニコニコ動画が見れない。
 ニコ厨の私はこれが残念でならない…。ま、Flash4なのは知っていたのですけどね…。でも見れたとしてもWi-Fi切ってないと電池が持たないので、どの道使えねぇw

9)ワンセグの感度が悪い
 確かに受信するときは綺麗に映っているかもしれない。でもアンテナの感度が悪いのか、前は見れていた部屋の中で見れなくなってしまった…。どういうこと?ま、見れたとしても電池が(ry


私も長い間auを愛用していたんですが、酷いね。
良いところもいくつか挙げたいんですけど、
ネガキャンじゃないんですが、良いところが見つからないのよ。

例の2年の割引なんて待たないよ。もう絶対機種変更してやる!

今auのIS03を買おうとしている人は、絶対買わないで良いよ!
キャリアに拘らないでAndroid携帯が欲しい人は、ソフトバンクかdocomoにしときなさい。auに拘る人はもう少し先まで待った方が良い。自分みたいに人柱になることが好きな人やドMな人は迷わず買って良い。

そりゃあ身悶えするほどの機種だよ!

posted by しょうちゃ at 19:39| Comment(8) | TrackBack(0) | PC格闘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

液晶ディスプレイを買いました。

我が家のPCのディスプレイを変えました。

先代のディスプレイはiiyamaの名機「MA901U」。特に不満があった訳では無いのですが、机の上のスペースの問題とフルHDの動画をPCで見るケースが増えたので、今のスクエアサイズでは物足りなくなりワイドサイズが欲しくなり、液晶ディスプレイを買うことに。もう発売当初から「MA901U」を愛用していたので、だいたい8年ぐらいですか。本当にマジで良いディスプレイでした。

ありがと〜!iiyama!ありがと〜!MA901U!(`□´)ノ

しかし、8年前となると当然「PCリサイクルマーク」などあるはずもなく、この手のCRT型のディスプレイはどこのリサイクルショップでも引き取ってくれない。我が家に置いておきたいのは山々だけど、スペースの問題で、已む無くPC3Rへ…。

PC3R : : 一般社団法人 パソコン3R推進協会

ここでiiyamaへメールで連絡を取り、引き取ってもらうことに。しかし、引き取るのに4200円も掛るのか…とほほ。まぁ、愛すべき「MA901U」のためのお墓代だと思って黙って払おうか…。

んで、新しく買ったのは三菱の「Diamondcrysta WIDE RDT231WM-S(BK)」店頭デモを見て一目惚れ。グレア独特の発色の良さと大きすぎない画面サイズが気に入りました。もちろん価格も4万円以下で買えたので大満足。即購入しました。

三菱電機 三菱ディスプレイ:ワイド液晶ディスプレイ RDT231WM-S RDT231WM-S(BK)

そしてPCに接続。液晶独特の「応答性能」が気になっていはいたのですが、動画の再生も問題なし。思った以上に発色も綺麗です。DVI接続しか試して無いですが、PS3を買ったときにHDMI端子も試してみようかとは思います。

ただ若干文字の滲みが気になります。

と言うより白地に黒字とかは綺麗です。ただ赤い文字とか青い文字とかが何となくぼやける様な感じがあります。あと白が白ではなくアイボリーに近い色合いなのも気になります。ちょっとしたことですけどね。CRTに慣れすぎていたせいもあると思いますが。

これはディスプレイ調整をしていけば良いのかもしれませんが。

もうひとつ。うたい文句である「超解像技術」って奴ですが、オンすると画面全体がぼやっとします。大中小オフとありますが、今はオフにしています。これは何のために付いているんでしょうか?DVI接続では意味が無いのかな?意味不明です。ひょっとして初期不良なのかな…?う〜む…。

結論として、やっぱり画像や細かい発色や滲みに拘るのならもっと高い液晶ディスプレイを買うか、CRTの方が良いかもしれません。でも私のような(気にはなるけど)拘りの無い人間ならまったくもって十分な買いものだったと思います。

それにワイドは良いですよ〜!広いですよ〜!

 RDT231WM-S
posted by しょうちゃ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | PC格闘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

UbuntuとD31HWとインターネット

DELLの「Inspiron Mini 10v」を買いました。
しかも「WindowsXP」のではなく「Ubuntu8.04」のを。

何でこんなものを買ったのかというと、まぁ会社や外でメールやインターネットをするだけのPCを考えていて、だったらOSはWindowsXPではなく噂のUbuntuで良いんじゃね?という軽い気持ちだった。

それは大きな間違いだったのだ。やっぱり知識のある奴ではないと「Ubuntu」なんかに手を出してはいけないよ?それか私のような「ドM」な人間でないとやってられねぇよ?

今回ハマったのはイーモバイルの接続だった。

ネットで調べて実績や資料のある古い機種だったら問題は無いんだけど、私が持っているのは最新の「D31HW」。でもまぁ、何とかなるかな?と思っていたので、早速何も考えずに接続。「D31HW」のドライバをインストールするためのCDが開いたので、あ、これは楽勝かな、と。以下のサイトを見ながら設定をはじめる。

ubuntu イーモバイル編

…接続されず。

そこでWindowsXPに接続したときのことを思い出す。この機種はmicroSDが入るようになっていて、ストレージとしても使えるのです。しかし接続直後は使えない。まずインストール用のCDイメージがマウントされ、ツールをインストールをした後に使えるようになるのです。

怪しい。実に怪しい挙動だ。

そこで仮説を立てた。この機種はツールをインストール前はストレージとして認識し、ツールインストール後はモデムとして認識するのではないかと。そこでGoogleで検索し、なんかソレらしいことが他の機種で書かれている。それが以下のサイト。

UbuntuでEmobileのD21LCを利用する

なるほどー。USBのProductIDをスイッチしているのかー。って、何のこと?
なんかよく解らないまま上のサイトにある通りにやってみることにした。

…接続されず。

っていうか、/dev/ttyUSB*なんて出てこねぇよ!
…なるほど、それがやっぱり問題か。/dev/ttyUSB*がないということはモデムとして認識していないことか。何度見直してもVendorIDもProductIDも間違いは無い。後はコピペでやったので記述ミスは無いはずだ…。とすると、この情報自体が「D31HW」には適応できないと言うことか?

そこで、こちらのサイトを見つける。

ドコモ L-02A (USB モデム)を ubuntu Linux で使う (設定編)
MessageEndpoint= と MessageContent= の値も重要な気がします。

あぁ…。恐れていたことが…。
USBのポートのやり取りをスニッフィングしないといけないのか…。
めんどくせぇ〜〜!

しかし、それでも素直にやってみる。それにしても上のサイトは不親切だ。切り替わるって何を基準に見れば良いのか解らないじゃん。やってみると解るけどログは膨大な量で上のサイトで上がっているキーポイントも該当するものが多すぎてよく解らない。
- URB_FUNCTION_BULK_OR_INTERRUPT_TRANSFER: と
(USBD_TRANSFER_DIRECTION_OUT (INもあります)

そして、 55 53 42 43 から始まる文字列です。55 で検索
していくといいかもしれません。

ざっと数えただけで100箇所あったよ!わぁ〜い!!
しかも、切り替わった直後?それとも切り替わる直前?それってどこ?

…諦めた。方法を変えよう。Device毎に取ってみよう。
SniffUSBの画面の「DeviceList」の「ListDeviceNotPresent」のチェックを付けて、まずは変更前のVIDとPIDを持つDeviceをスニッフィング。この段階では一箇所のみ。これかなぁと思うけど、続いて変更後のVIDとPIDを持つDeviceを見る。…多すぎ。とにかく最初の数箇所をテキストエディタで書き出しておく。

んで、もう一回挑戦。usb_modeswitch.confに上であげたものを編集。

…出来た!
結論からすると、変更前に一度だけ出される「55 53 42 43…」から始まるものを「MessageContent」に、直前にある「endpoint 0x0…」の値を「MessageEndpoint」にセットすればOKだった。

まとめよう。

やり方は「UbuntuでEmobileのD21LCを利用する」に記載されている通りで問題は無い。ただUSB_ModeSwitchのバージョンが1.0.2になっていたので、「wget http://www.draisberghof.de/usb_modeswitch/usb_modeswitch-1.0.2.tar.bz2」としないとエラーになる。同じように「usb_modeswitch-0.9.5」は「usb_modeswitch-1.0.2」に書き換えてね。

そして問題のusb_modeswitch.confは以下のものを追加してください。

#######################################################
## Emobile D31HW
##
#
DefaultVendor= 0x12d1
DefaultProduct= 0x1446
TargetVendor= 0x12d1
TargetProduct= 0x1429

MessageEndpoint=0x01
MessageContent="55534243000000000000000000000011060000000000000000000000000000"

これでOK。
接続はubuntu イーモバイル編に掲載されている内容でも接続できた。多分「pppconfig」でも「gnome-ppp」でも接続できると思います。

と、さらっと書いているけど正直この結論まで3日ぐらいかかったよ〜TT
Linuxに詳しい人ならもっと簡単に結論にたどり着けると思うけどね…。特に「MessageContent」のログ取りにどんだけトライ&エラーを重ねたことか…。ようは変更前のVIDとPIDのデバイスが吐き出す最後の「55 53 42…」で始まるコードを「MessageContent」とするということが大事。このコードがスイッチになってVIDとPIDを書き換えているんだね。仕組みは解らないけど…。

つ〜か、そんな仕組みにスンナ!イーモバイルのバカ!

と言うわけで私のお盆休みはこれで終わったわけだ。TT
せっかく苦労したので、苦労の証を公開することにした。
もし同じように苦しんでいる人がいるなら相談に乗りますよ。解る範囲でしか解りませんが…w




posted by しょうちゃ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(1) | PC格闘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

自宅のパソコンはなんとなくクリスタル?

前回オーバークロックをしたにも関わらず整数計算のスコアがダダ下がりしてしまったことに意気消沈していた私ですが、グランパスの練習試合の成績がよい事で、立ち直りの傾向にあった数日前、ふと気付く。

他のベンチマークではどうなんだろう?

世の中には様々なベンチマークテストのツールがある。有名なN−Benchのようなものもある(まぁ、これはグラフィック性能を測るものだけど)し、「HDBENCH」だけで全てを図って良いものだろうか?否良くない。

というわけで、他のベンチマークテストを試してみた。

さてどんなベンチマークがあるかなと思ったけど、ここは考えるまでも無く「CrystalMark」だろう。理由は、


有名だから。


そんな理由だけだったら「HDBENCH」だけで良いはずだが、そんな事はもう既に過去の話だ。人間前向きに生きないと。

んで、テスト。
前のPCを引っ張り出すのはもう億劫なので、浮動小数点演算のスコアの差と整数演算のスコアの差に着目するのみとする。Pentium4と浮動小数点のスコアの差はとりあえず目を瞑る事にしよう。

要はオーバークロックがオーバークロックになっていないっていうところを検証しようって言う話。では結果を。

倍率6.0でFSB333の時
BIOSの設定を初期状態にすると、CPU倍率が6.0でFSB Frequencyが333で動作するようなので上記スコアは、こんなものだろうと思う。

さて、オーバークロック後。
倍率9.5でFSB400の時
おぉ!全体的に良いぞ!

CPU倍率が9.5でFSB Frequencyが400なので3.8GHzで動作しているはずなので、これなら納得できる。他のサイトを見てみても3.8GHz前後のスコアはこんなものらしい。

結論。HDBENCHと私は相性が悪い、という事で解決。


…して良いよね?(^^;
posted by しょうちゃ at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | PC格闘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

自宅のパソコンが変なんです

CPUを「Intel Core 2 Duo E8500」に代えてから、それなりに快適なPCライフを送ってきた私。しかし、ちょっと気になることが。

やっぱり私はSEという職業柄か、「主観的」な判断は嫌う。っていうか、当てにならないことを知っている。今快適に感じているこの状態は、本当に快適なのだろうか?

数値で証明してみたくなる。

で、旧PCを引っ張り出して、「HDBENCH」を走らせて見る。(注:HDBENCHに関してはこのサイトを参照。有名なベンチマークツールです

★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.30 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor Pentium4 2990.46MHz[GenuineIntel family F model 4 step 3]
VideoCard Intel(R) 82945G Express Chipset Family
Resolution 1280x1024 (32Bit color)
Memory 1039,664 KByte
OS 5.1 (Build: 2600) Service Pack 2
Date 2008/02/12 15:53

Intel(R) 82801GB Ultra ATA Storage Controllers - 27DF
プライマリ IDE チャネル
HL-DT-ST RW/DVD_GCC-4244N

Intel(R) 82801GB Ultra ATA Storage Controllers - 27DF
セカンダリ IDE チャネル
WDC WD800JD-19LSA0

Intel(R) 82801GB Serial ATA Storage Controllers - 27C0
プライマリ IDE チャネル

Intel(R) 82801GB Serial ATA Storage Controllers - 27C0
セカンダリ IDE チャネル

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
56067 93922 106039 233298 127385 215977 69

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
40539 20567 8433 418 50792 41190 4260 C:\100MB


まぁ、こんなもんだろう。で、今の環境を…。

★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.30 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor Dual Pentium III 3164.17MHz[GenuineIntel family 6 model 7 step 6]
VideoCard NVIDIA GeForce 8600 GTS
Resolution 1280x960 (32Bit color)
Memory 2097,151 KByte
OS 5.1 (Build: 2600) Service Pack 2
Date 2008/02/12 21:15

Intel(R) ICH9 2 port Serial ATA Storage Controller 1 - 2921
プライマリ IDE チャネル

Intel(R) ICH9 2 port Serial ATA Storage Controller 1 - 2921
セカンダリ IDE チャネル
HL-DT-ST DVDRAM GSA-H44N

Intel(R) ICH9 2 port Serial ATA Storage Controller 2 - 2926
プライマリ IDE チャネル
ST3320620AS

Intel(R) ICH9 2 port Serial ATA Storage Controller 2 - 2926
セカンダリ IDE チャネル

標準デュアル チャネル PCI IDE コントローラ
プライマリ IDE チャネル
ST3250823AS

標準デュアル チャネル PCI IDE コントローラ
セカンダリ IDE チャネル
SAMSUNG SP2504C

BHA バーチャル SCSI アダプタ
BHA Virtual CD/DVD 1.00

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
86681 448190 22628 246322 154572 299519 59

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
56052 43724 4545 2646 73562 57462 5292 C:\100MB



なんだ?このFloatのスコアは?


確かにほかのテストは、まぁ納得できる。しかし、このFloatのスコアだけ5分の1に下がってるやん!どういうことだろう?むむぅ…。


で、やりたくないけど、オーバークロックしてみる。
特に難しいことを考えずに、
CPU RATIO CONTROL:AUTO→9.5
FSB Frequency:AUTO→400
DRAM Frequency:AUTO→DDR2-800
DRAM Timing Control:MANUAL
CAS# Latency:5
RAS# to CAS# Delay:5
RAS# Precharge:5
RAS# Activate to Precharge:15


なんかこのボード、自動で設定を変えてしまうらしいので
C1E Support:Disable
Max CPUID Limit:Disable
Vanderpool Technolog:Disable
CPU TM Function:Disable
Execute Disable Bit:Disable

とよく解らないスイッチを切る。

さて、これで単純にCPUが3.16GHzから3.80GHzになったはず。120%は早くなっているので、もう一回測定。さて結果は?

★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.30 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor Dual Pentium III 3804.32MHz[GenuineIntel family 6 model 7 step 6]
VideoCard NVIDIA GeForce 8600 GTS
Resolution 1280x960 (32Bit color)
Memory 2096,172 KByte
OS 5.1 (Build: 2600) Service Pack 2
Date 2008/02/18 21:25

Intel(R) ICH9 2 port Serial ATA Storage Controller 1 - 2921
プライマリ IDE チャネル

Intel(R) ICH9 2 port Serial ATA Storage Controller 1 - 2921
セカンダリ IDE チャネル
HL-DT-ST DVDRAM GSA-H44N

Intel(R) ICH9 2 port Serial ATA Storage Controller 2 - 2926
プライマリ IDE チャネル
ST3320620AS

Intel(R) ICH9 2 port Serial ATA Storage Controller 2 - 2926
セカンダリ IDE チャネル

標準デュアル チャネル PCI IDE コントローラ
プライマリ IDE チャネル
ST3250823AS

標準デュアル チャネル PCI IDE コントローラ
セカンダリ IDE チャネル
SAMSUNG SP2504C

BHA バーチャル SCSI アダプタ
BHA Virtual CD/DVD 1.00

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
61896 1080 112740 288511 125030 247705 59

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
60557 44059 4588 2630 70425 54583 4807 C:\100MB



余計悪いわ!


なんじゃらほい?こういうもんか?う〜む…。
posted by しょうちゃ at 21:48| Comment(0) | TrackBack(1) | PC格闘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

自宅のパソコンが生まれ変わりました。

今回変更した構成は以下のような感じです。

MatherBoard:ASUS P5KC(P35+ICH9)
CPU :Intel Core 2 Duo E8500
GraphicCard:ASUS EN8600GTS SILENT/HTDP/256M
Memory :DDR2-800x4GB

どうしてもCPUのコアは「Penryn」にしたかったので、ちょっとハイエンドっぽい感じの生意気な構成になってしまいましたが、後2年は変更しないでも良いように頑張ってみました。

もともとPentium4の3.0GHzで1GBのメモリを積んでいたし、インターネットと仕事にしか使っていないので、なかなかこのPCの性能を体感する機会は無いのですが、多分今後動画エンコードしてたりした時に感じるんじゃないでしょうかね。

それにしても今回もいろいろありました。

まぁ、今考えれば当たり前ですが。(^^;今回新しいコアのCPUを買ったのでMatherBoardのBIOSが対応していなかったのです。今度出荷されるロットでは新しいBIOSが入ったものが店頭に並べられるのでしょうが…。

本当は最初は「Intel Core 2 Duo E8400」を買ったのです。で動かないものだから、絶対不良品だって思って買ったお店に文句を言いに行ったんですが、当然自作なので対応が冷たく、悪いことに買ったCPUの代えも無く、交換は1〜2週間後になるとのこと。

「Intel Core 2 Duo E8500ならあるんですが…」
「じゃあ、それで」
「差額をお支払いしてください」

う〜む…。よくよく考えてみるとこの「Intel Core 2 Duo E8500」の価格が3万円ちょっと。もう少し頑張れば「Core 2 Quad Q6600」というクアッドコアが買えちゃう。ハイエンドながら中途半端なCPUなのだ。

ちょっと店で悩んだんですが、結局「Kentsfield」より「Penryn」をとった私。差額を払って「Intel Core 2 Duo E8500」を購入。家に帰って早速試してみると…。

当然動かない。実は「Core 2 Quad Q6600」にすればコアが「Kentsfield」になって動いていたでしょう。でもコアはそのまま「Penryn」なので状況は変わらない。

ここで私はMatherBoardの方が駄目なのか?と思った(今考えれば本来最初に疑うのが筋なのだろうがここでは運が良かった)。でもお店に行く前にちょっと試してみようと、手元にある「Pentium4」を挿して動かしてみる…。

動く。

CPUが2個続けて不良品か?確かに初期ロットなのであり得ないことじゃないが、確率は低いだろう…。

ここで私は諦めた。実は2日も休日を潰してしまった。もうしばらく「Pentium4」で良いや…。とセコセコとセットアップを始める。作業の中で、ASUSのホームページで新しいBIOSのアップデートをしている時に気が付いた。

「あ〜〜!BIOSが対応して無いじゃん!」

よく読んでみると、それらしいことがASUSのホームページに書いてあった。なんてこった。やっぱり買う前にしっかり調査をしないとだめだなぁ…。

でBIOSをアップデートして、CPUを付け替えて動かしてみたら、当然動く。うん良かった良かった。


…と、そんなこんなで3連休が無駄に。(^^;
実はグラフィックボードのエラーが出て、何だかぜんぜん解らなかったけど、今のグラフィックボードは電源がいることを知らず、電源ケーブルを差し込んだら直ったとか、OnBoardの音源が全然ならなくて、悩んでいたら、なんとケーブルが切れていたとか…。

そんなこともあったけど、今こうしてBlogのネタになっているから良いかなw正直今回ほど私は自作に向かないのだな、と思ったことは無いよ。

…でも次回もやるけどね。

 
posted by しょうちゃ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | PC格闘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

自宅のパソコンの調子が悪い…。

今会社のPCでサボり中w

なんか最初の画面で「OC Fait」とか出るし。オーバークロックなんかしてねぇっての。マザーボードの電池切れかなぁ…。確か半年前に入れたばっかりだけどなぁ…。それだけだったら良いんだけど(良くないけど)、シリアルATAのマスタードライブが突然認識出来なくなったり、起動しても突然ブルースクリーンになったりしてしまう。

買い替え時なのかもしれないなぁ…。

基本的に自作でPCを構築しているし、お金もあまり無いのでいつも安価なマザーボードと安価なCPUを買って、バルク品のメモリとグラフィックボードをくっ付けて、ハイ出来上がり、みたいな。

そんな安易なツギハギで作っているので寿命も短い。

思えばこのCPUもマザーボードを含めて2年前に買ったんだったっけ?LGA775のマザーボードをようやく導入したのがこの頃だったかなぁ…。OSもWinXPにしたのがこの時だ。会社ではXPを使っていたけど、自宅ではWin2Kで十分だったので変えなかったのだ。

一昨年の夏、買い換えて初めての夏だよ。Pentium4特有の発熱をまったく気にしないで構築したものだから、CPUに付属している純正クーラーだけで他の熱に対する対策をしていなかったので、熱暴走でえらい事になっていたのを覚えている。いやIDEケーブルの表面が焦げるとか有り得ないでしょ、普通。

水冷に挑戦して、水漏れで大騒ぎとか、このPCにはずいぶん泣かされたっけなぁ。

それが自作の楽しいところなんだけどね。特に私みたいに知識の無い人間がやるとかえってお金が掛かったりするし。例えば「PCI Express」と「AGP」の違いがわからず間違えて買っちゃうとかw。そういったハプニングも楽しみながら自作するのだ。

本当にドMだなぁ…、私は(^^;

現象を見る限りではマザーボードがダメ臭いので代えるとなると、せっかくだからCPUも代えたくなるなぁ。クアッドコアとはいかないまでもデュアルコアにはしたいよねぇ…。メモリも増やしたいし、グラフィックボードも代えたいよな…。

ってなると、やっぱり買い替えかな…?(^^;う〜む…。

posted by しょうちゃ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | PC格闘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

4.7Gを超えろ!

どうにか4.7Gの壁を超えないDVDはバックアップできるようになりました。

「DVD Decrypter」というファイルを使えば全て出来てしまいます。
DVD002.jpg
↑これで読み込んで…

DVD003.jpg
↑これで書き込むという感じ。

細かい設定はしていません(ぉ
それでも出来るんで良いんです!

でもこれだと、アニメのDVDとかだと大丈夫ですが、映画とかドラマとかDVDを読み込んだ時に、「○○.ISO」っていうファイルが4.7Gを超えるものは出来ませんTT


どうしたらいいんだ〜〜!!



泣きながら続く…TT
posted by しょうちゃ at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | PC格闘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

DVDの編集などに挑戦中です…。

昔はそれこそ、ビデオレンタル屋からVHSのビデオを借りてきてダビングしていたものですが、最近はDVDの時代と言うことで、アナログ世代の自分達からすると、それはそれで住み難い世の中になっていくようで…。

DVDを借りてきても、結局DVDプレイヤ→○○○○○○○→HDDレコーダなどと一度アナログに落としてからダビングしていました。

しかし、それでは特典映像なんかどうしようか、などと悩んだり、DVDに焼いてもメニューが無かったりで、少し味気ない感じがしていました。

そこで、最近DVDをそのままバックアップすることにチャレンジし始めようと。

で、↓のサイトなどで勉強している訳ですが…。
DVDなToolsたち
DVD焼焼き 別館
AVI(DivXなど)をDVDに変換してDVDプレイヤーで見よう
DVD コピー DVD Back Up小技全集


難しいったらありゃしない!


一層?二層?リッピング?ライティング?オーサリング?にゃああああ!

パソコン嫌いになりそう…TT

とりあえず、頑張っています…TT
いつか自分なりの方法をこのBlogで公開できれば良いなと思います。

DVD001.jpg


posted by しょうちゃ at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | PC格闘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。